帆船(ジャンク)の中華料理はやっぱり香港風じゃなかった

帆船(ジャンク)の中華料理はやっぱり香港風じゃなかった

中華料理が食べたくなった

自分は全然「香港迷(香港をこよなく愛す人たち)」では無いとずっと思っていました。


でも最近は禁断症状がでて、無性に中華料理を食べたくなることがあります。

最初はいわゆる「町中華」に行こうかと思いました。

でもたまたま「香港」と書いてあるお店を見つけたので、行ってみることにしました。

香港料理 帆船(ジャンク)

今回行ったのは、香港料理 帆船(ジャンク)幕張店です。

国道14号から細い道を入ってすぐの場所にあります。

お店に入って気付きました。

この店、香港風なんだろうか?

点心(飲茶)がメニューにあるので、香港と名乗っているのかもしれません。

店内で話されている言葉も、広東語でなくて中国語です。

更に店内に貼られたちらしにも「中国料理」と書かれてあったので、香港限定でなく中華全般のお店であるようです。

香港風焼きそば

とりあえずランチメニューで一番香港らしい「香港風焼きそば」を頼むことにしました。

え?

この焼きそばに書かれた「烧」の漢字は何??

香港だと旧字体の「」だけど、中国本土で使われる簡体字だと「烧」になるらしいです。

香港じゃないけど中国風で美味しかった

こちらが香港風焼きそばです。

スープはたまごスープてしたが、香港ででてくるスープはもっと濁った色なので全く違います。

またデザートは日本人に人気の杏仁豆腐ですが、香港で杏仁豆腐を食べることはほとんど無く、そのほとんどはドロドロとした杏仁糊です。

【香港のスープはこんな感じ】

【杏仁糊はこんな感じ】

でも日本人は香港風のスープとか杏仁糊は好まないかも。

香港風では無いものの、「中国人が作った中華」として普通に美味しかったです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告