ポメラDM200のキーの消耗具合が親指シフトならではで興味深かった

ポメラDM200のキーの消耗具合が親指シフトならではで興味深かった

ポメラで親指シフト

普段ブログを書くときには、キングジムのデジタルメモポメラDM200親指シフトと呼ばれる入力方法を使って書いています。


先日娘から「ポメラのキーボードの決まったキーだけがツルツルしている」と指摘されました。

確かにキーボードを上から覗くと、決まったキーだけツルツルしているのが分かります。

このツルツルしているのは実際に使っているキーになります。

このツルツル具合が親指シフトならではの状態になっていたので、親指シフトならではのキーの使い方について3つにまとめてみました。

1 指がホームポジションから動かない

親指シフトはローマ字入力に比べて打鍵数が大体2分の1と少ないのが特徴ですが、それ以外に大きな特徴があります。

それは指がホームポジションからほとんど動かないということです。(青い丸)

そのため、ホームポジションのキーだけが分かりやすい位にツルツルしているのが分かります。

ホームポジションというのは、右指は人差し指からJ/K/L/+キーで、左指がF/D/S/A

そして親指は設定によりますが、私の場合は右親指がスペースキーで、左親指が無変換キーです。

人差し指から小指は、ひとつ上のキー(QからP)を入力するときだけ一時的に動くものの、入力後はすぐに元のホームポジションに戻ります

一時的に離れてもすぐに戻るので、見た目では指の動きがほとんど無いように見えます。

2 Enterキーの使用頻度が少ない

日本語入力に欠かせない右端のEnterキーですが、Enterキーの使用頻度が通常に比べて少ないです。(黄色い丸)

例えば平仮名を漢字に変換する場合は、

  1. スペースキーで候補を選ぶ
  2. Caps + M で確定(Caps ボタンと Ctrlボタンの入れ替えをしているため)

の手順なので、Enterキーを使っていません

Enterキーは改行の時に使うだけなので、キー入力のストレスがかなり少ないです。

3 Backspaceキーを全く使わない

また親指シフトの大きな特徴なのがBackspaceキーを全く使わないことです。(赤い丸)

BackspaceキーはEnterキーの真上と遠い場所にあるので、頻繁に使うと以外と大変です。

親指シフトでBackspaceの機能を使いたいときは、ホームポジションにある小指を1つ右にずらすだけです。

入力のストレスが無い

親指シフトは打鍵数が少なくて、更に指の動きが少ない入力方法です。

慣れると入力している感覚が無いので、長い文章を書く人におすすめです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告