1920年代の歴史的建物がショッピングセンターに生まれ変わった618上海街(618 Shanghai Street)@旺角を探索

1920年代の歴史的建物がショッピングセンターに生まれ変わった618上海街(618 Shanghai Street)@旺角を探索

618上海街

新型コロナウイルスが少し落ち着いてきたと思ったら、今度は抗議活動が再開して何かと慌ただしい香港です。


そんな香港の旺角(Mongkok)に、新しいショッピングモールがオープンしていました。

618上海街(618 Shanghai Street)です。

歴史的建物の再開発

この建物については、ちょうど3年前に取りあげたことがあります。

上海街周辺は昔の建物が多く残っていたエリアで、ここにあった住宅も香港の2級歴史建築物として登録されていました。

再開発のため取り壊されることになりましたが、建物の歴史的な価値を守るために、市區重建局(Urban Renwal Authority)の元で再開発が行われていました。

どんな建物になるか気になっていたのですが、当初予定されていた通り「ショッピングセンターとしてでは無くて、歴史の保護をテーマとした施設」になっていました。

G/F

Ground Floor(日本の1階)は、上海街の歴史的背景や建物について紹介する展示スペースになっています。

また人気マレーシアレストランが入っています。

M/F

このフロアには、文化屋雑貨店など幾つか店舗が入っています。

1/F

シンガボール料理がメインのフードコートが入っています。

2/F

レストランや雑貨店が並んでいます。

3/F(屋上)

お洒落なカフェが入っています。

人の多い旺角にできたオアシス的存在になるかも

旺角は人が多くて、歩いていてちょっと疲れることがあります。

この場所はそんな人にとって、ちょっとしたオアシスになるのではないか。

旺角の街歩きがますます楽しくなってきました。

【618上海街のレストランに行った記事はこちら】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告