オンライン読書会で学んだ、英語の苦手な人が洋書を30分で読むための手順を4つにまとめてみた

オンライン読書会で学んだ、英語の苦手な人が洋書を30分で読むための手順を4つにまとめてみた

エキスパートカフェ

所属しているリードフォーアクションの読書会のエキスパートカフェにオンラインで参加しました。


この読書会は、最初の1時間で本を読んで、後半の1時間で著者と話をするという贅沢な読書会です。

今回のテーマは「洋書」です。

日本語の本でもやっとのことで読んでいるのに、外国語の本なんて読めるんだろうか。

でも何とか読めてしまうのです。

読書会は1時間でしたが、実際に本を読んだ時間はだいたい30分です。

今回は英語の苦手な人が30分で洋書を読む方法についてまとめてみました。

Remote First

今回の課題本は「Remort First」です。 

コロナウイルスで急遽リモートワークになった人が多くいますが、そんな日本人にとってタイムリーな本です。

洋書を読むコツ

今回はリードフォーアクションの読書会の手法を元に、大まかな読書時間を割り振ってみました。

①表紙・裏表紙・目次で大体の意味をつかむ・気になるワードを見つける・・・7分

本の中身を読む前に、その本の表紙・裏表紙・目次からその本の内容をつかみましょう。

そしてこの時に気になるワードがあったら、メモしておきます。

もし気になるワードで意味が分からなかったら、この段階で調べておくと、このあと本を読むときに分かりやすいです。

②その本で知りたいことをまとめる・・・3分

①の作業を終えた後は、気になるワードをもとに自分が知りたい質問をたててみましょう。

この質問は日本語でいいです。

この本から何を得たいかまとめるのがボイントです。

③サンドイッチ読み・・・17分

そして最後に本の内容を読みます。

本を読む方法は、まずは目次から知りたい項目が載っていそうな項目を選んでから、その項目を読む形をとります。

この時オススメなのがサンドイッチ読みです。

サンドイッチ読みは、章の最初と最後の段落だけ読んで、あとの真ん中の部分はそれぞれの段落の1~2つめの文章だけを拾って読む方法です。

この時も文章をしっかり読むのでは無くて、必要な部分だけ読みます。

④振り返り・・・・3分

そして最後に振り返りをします。

本を読んで明日から実行しようと思うこと(スモールステップ)などをまとめます。

まずは苦手意識を捨てる

日本語の本にも、簡単な本と難しい本があるように、英語の本にも簡単な本と難しい本があります。

いきなり読むと間違いなく挫折するので、まずは手に取って知りたいことだけ30分で調べてみようと思うだけでも違います。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

まるこ
香港在住9年目。
働きながら2人の子供の子育てをしています。
好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。
行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。