iPad Air専用のスマートキーボードで、iPadの入力問題が解決できそうだけど、親指シフトを使うかは悩みどころ

iPad Air専用のスマートキーボードで、iPadの入力問題が解決できそうだけど、親指シフトを使うかは悩みどころ

iPadが使いづらい

以前職場のアニュアルディナーの景品でiPad Airをもらいました。


iPad Airは主にオンライン授業を受ける時に使っていますが、使いづらくてそこまで使用頻度はあまり高くありませんでした。

使いづらい理由は「キー入力がやりにくい」ことです。

iPhoneで使っているフリック入力はiPadでもできますが、それでもなんだかしっくりこないのです。

また最近はオンライン授業をZoomで受けることが増えました。

Zoomにはチャット機能があってコメントできるのですが、このコメントの時にタブレットだとかなり面倒なのです。

この問題をなんとかしたくて、外付けのキーボードを試してみることにしました。

スマートキーボード

買ったのは、iPad の純正キーボードであるスマートキーボードです。

アップルの公式サイトからだと、香港からでも日本語キーボードが選べます。

商品はオーダーした2日後に香港の自宅に配達されました。

あとは親指シフト環境

開くとこんな風になっています。

キーボードを畳むと普通のカバーになります。

IPad Proのマジックキーボードと違って、こちらは画面の角度は固定。

これで今まで不自由だったiPadの入力のストレスが無くなったのは嬉しい。

これで使用頻度が一気に増える気がします。

親指シフトをどうしようか

でもローマ字入力なのがちょっとストレスです。

会社でローマ字入力を使っているので、できないことはないけど、このキーボードの大きさだとやっぱり親指シフトが便利かもしれません。

親指シフトに関しては、今後アプリを入れたりして色々試行錯誤してみようと思いますが、ローマ字でもそれほど支障は無いので、このまま使っても良いのかなとも考えています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告