持ち歩き用に以前の6inchのKindle Fire HDを復活させたら良い感じだった

持ち歩き用に以前の6inchのKindle Fire HDを復活させたら良い感じだった

Kindle

アマゾンの専用端末であるKindle 。

今まで4台のKindle Fireを使ってきました。


(購入日の古い順)

  1. 古いKindle Fire ・・・・アメリカのアマゾンアカウントと同期(洋書専用)
  2. Kindle Fire HD 6inch・・日本の書籍用(現在は売られていない)
  3. Kindle Fire 7inch・・・アマゾンプライムビデオ用
  4. Kindle FIre HD 8inch・・日本の書籍用

これ以外にも白黒のKindle Paperwhiteも持ってますが、こちらはほとんど使用していません。

右側が8インチで、左側が6インチです。

日本の書籍はしばらくは8インチのKindleを使っていましたが、久しぶりに6インチのKindleを復活させることにしました。

持ち歩きに便利なのが魅力

8インチこKindleはなんと言っても画面が大きいので、雑誌や漫画などを読むときにとても便利です。

ただ純正カバーもかけていることもあってかなり重たくて、例えばベッドで横になった時に持ち上げたりはできません。

6インチの方は画面が小さいため、一度に目に入る情報量は少なくなってしまいますが、その分気楽に持てます。

しばらく平行して使うことにした

最近はポメラ・カウンセラーのテキスト・充電器などと荷物が増えてしまったので、8インチのKindleは重たくて持つ気になれませんでした。

でも6インチなら何とかカバンにも入ります。

それならいっそのことKindleアプリで読めば良いんじゃ無いかと思われるかもしれませんが、そうなるとSNSの誘惑に負けてしまって読書が進みません。

6インチのKindleは、iPhone X Maxと縦の長さがほぼ同じなので、2つの端末を同時に持って歩くこともできます。

しばらくは6インチと8インチの2つのKindleを平行して使って、読書量を増やしたいと考えています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告