香港の3連休の最終日にマカオに避難した

香港の3連休の最終日にマカオに避難した

香港の3連休

香港は重陽節の祝日で10月5日(土)~7日(月)が3連休でした。


残念なことに、長く続くデモの影響で地下鉄(MTR)の多くの駅がクローズしてしまっていて、遠出するのが難しい状況になっていました。

ちょうどマカオと中国で使えるローミングサービスを申し込んだばかりでした。

マカオに行こうと娘たちに声をかけましたが、家で宿題すると振られてしまいました。

夫に「自分も家で勉強するからひとりで行っても良いよ」と許可をもらったので、ひとりでマカオに行くことにしました。

港珠澳大橋

港珠澳大橋の香港口岸(イミグレーション)に到着しました。

オクトパスで使える券売機でマカオ行き切符(65香港ドル)を買って、いつものようにシャトルバスに乗りました。

2階席の一番前が空いていたので、ここに座って景色を見ながら行くことにしました。

相変わらず橋の上は空いています。

トンネルの手前で簡体字の看板を見ると、中国だなぁと思います。

ちょっと天気が悪かったのが残念でしたが、マカオまでノンストップで行くので快適でした。

マカオでe-道の登録

澳門口岸(イミグレーション)に到着しました。

入国審査場の一番奥のレーンでマカオのe-道の登録をしてから入国しました。

ここからは101Xのバスに乗って、セナド広場に向かいました。

イミグレーションから市街地までのバスは6パタカです。

マカオでは香港ドルがそのまま使えるので、香港ドルのコインで支払いました。

セナド広場はいつもより空いていた

約20分ほどバスに乗って、新馬路/大豐(ALMEIDA RIBEIRO/TAI FUNG)のバス停で降りました。

ここから歩いて2分ほどでセナド広場に到着しました。

混んでいましたが、いつも程ではありませんでした。この日は香港とマカオは祝日で、中国は普通の日たったからだと思われます。

当然のことですが、デモが無い場所は快適です。

今回はこの場所からお散歩しました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告