マカオ世界遺産散歩〜(5)聖ローレンス教会

マカオ世界遺産散歩〜(5)聖ローレンス教会

世界遺産

マカオの世界遺産を巡るお散歩をしてきました。


前回はマカオの水源として使われていたリラウ広場と、思想家の邸宅であったマンダリンハウスを取りあげました。

マカオ世界遺産散歩~(4)リラウ広場(5)マンダリンハウス | まるこの香港生活

ここから数分歩いたところに、次の世界遺産がありました。

カトリック教会の聖ローレンス教会(St. Lawrence’s Church)です。

聖ローレンス教会

マカオのキリスト教の歴史は16世紀にさかのぼります。

マカオはカトリック布教のアジアにおける拠点でした。

聖ローレンス教会は、16世紀中頃にイエズス会に寄って建てられた、マカオで最も古い教会の1つです。

風順堂

聖ローレンス教会は別名風順堂とも呼ばれていて、現在の建物は1846年に再建されたものです。

フランシスコザビエルのいた時代

香港にも教会はありますが、19世紀の終わりから20世紀の始めにかけて建てられたものです。

でも聖ローレンス教会の歴史はもっと古いです。

フランシスコザビエルが日本にやってきたのは1549年なので、ほぼ同じ時期にこの教会が建てられたことが分かります。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

CATEGORY :