庶民的な点心が食べられる中央飯店@深水埗で、ゆったりした時間の流れを感じながら朝飲茶をした

庶民的な点心が食べられる中央飯店@深水埗で、ゆったりした時間の流れを感じながら朝飲茶をした

香港の飲茶

香港ば飲茶(点心)で有名です。

前回はインスタ映えする飲茶で有名なYum Chaを取りあげました。

香港の飲茶は色々あって、お値段も味もピンキリです。

Yum Chaのお値段をピンとすれば、間違いなくキリのお値段になると思うお店のひとつが、今回取りあげる深水埗(Sham Shui Po)にある中央飯店です。

この中央飯店で朝飲茶(早茶)をしてきました。

中央飯店は一時期クローズしていた

中央飯店は九龍半島の庶民的な街である深水埗 石硤尾(Shek Kip Mei)の境にあります。

一時クローズしていたので閉店を心配しましたが、再開して安心しました。

ワゴン式なので見て選べる

中央飯店で一番嬉しいのは、昔ながらのワゴン式であることです。

ワゴンだと指差しで注文できるので、言葉が分からなくても頼めます。

年齢層は高め

土曜日の午前中でしたが、私たち以外は明らかに地元のご年配でした。

全体的に年齢層が高めです。

値段は激安

今回頼んだお皿はこちらです。

このような変わったワゴンもまわっています。

大根もちでした。

今回は頼みませんでしたが、巨大肉まんの三寶大包も有名です。

今回は写真だけ撮らせてもらいました。

※前回ここに来たときは食べました

Yum Chaは飲み物込みで約400ドル(約5,600円)でしたが、今回の中央飯店は皿の数がほぼ同じで100ドル(約1400円)。

その差はなんと4倍にもなります。

時間がゆったり流れている

同じワゴン式でも、例えば香港島にある蓮香居などはスピード感があって活気があります。

一方中央飯店は活気はあるのですが、時間の流れがとてもゆったりとしているように感じました。

その理由ははっきりとは分かりませんが、時間がたっぷりあるお客さんばかりだからなんじゃないか。

おそらく皆さんご高齢の年金受給者で、時間はたっぷりあるので、急いで食べる必要もありません。

カフェでゆったりするのと同じ感覚で、お茶を飲みながら新聞を読んだりとしていますが、動きがとてもゆっくりなのです。

多分このお店の朝はいつもこんな感じなのでしょう。

せわしない香港の中にいて、昔の香港にタイムスリップしたような不思議な感覚になりました。

中央飯店 – 香港深水埗的粵菜 (廣東)點心中菜館適合大夥人 | OpenRice 香港開飯喇

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :