強烈過ぎる萬佛寺の黄金の五百羅漢〜香港の珍スポット?金ピカ像の並ぶパワースポットの萬佛寺を探索(2)

強烈過ぎる萬佛寺の黄金の五百羅漢〜香港の珍スポット?金ピカ像の並ぶパワースポットの萬佛寺を探索(2)

いきなり金ピカの像があります

萬佛寺(Ten Thousand Buddhas Monastery)に到着しました。

正面に見えるのがこの金ピカの像です。

この像は五百羅漢といいます。

五百羅漢はお釈迦様の弟子

五百羅漢とは釈迦入滅後の経典結集(けつじゅう)に集まった500人の弟子のことです。

その表情は一般的に喜怒哀楽を出した親しみやすいものです。

日本国内にも各地に五百羅漢を祀った寺院がありますが、萬佛寺の五百羅漢ほど強烈なインパクトのあるものは無いでしょう。

階段の両端に並んでいます

本堂までの階段は約400段でかなりしんどいコースてす。でもこれだけの羅漢像を見ながら歩くと全く退屈しません。

500体の誰ひとりとして同じ顔はありません。そのため知り合い(だいたいはスキンヘッドの方)に似ている像を見つけたりも出来ます。

表情豊かというよりなぜこの表情?

羅漢の表情はとても豊かです。

豊かというより何でかと思うくらいインパクトのあるものもあります。

「いやーん」と言っているようなこの像。

その後ろにある「徹底的修身」の言葉との違和感を感じますね。

またこのようにハッチャケ過ぎの方もきます。

この方は眉が長過ぎます。

たまに仏教っぽく無い方もいます。

この方は子供に愛されているようです。

インファナル・アフェアに出てくる像も出てきます

萬佛寺は映画インファナル・アフェア(パート1)のロケ地としても有名です。

映画の一番はじめに出てきたのはこの眉の太い像です。

この手の長い像も出てきましたね。

あまりにも強烈すぎて途中で訳が分からなくなってしまいそうです(笑)

本堂に着いたときには既にお腹がいっぱい

これだけの強烈なインパクトを持つ羅漢像を大量に見せられると、「お腹いっぱい」になっていまいます。

おかげで本堂に到着したときにはぐったりしてしまいました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

まるこ
香港在住9年目。
働きながら2人の子供の子育てをしています。
好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。
行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。