M+(エムプラス )@西九龍文化地区は、アジアの視覚芸術が無料で楽しめるオススメのスポット

M+(エムプラス )@西九龍文化地区は、アジアの視覚芸術が無料で楽しめるオススメのスポット

M+

今回の香港滞在中に絶対に行こうと思っていたのが、2021年にオープンしたM+(エムプラス)です。


M+は20〜21世紀の視覚芸術などが展示されている美術館で、施設全体ではアジアで最大級の広さになります。

M+のある西九龍文化地区は、東涌線の九龍駅からエレメンツを通り抜けた先にあります。

この日は大雨でしたが、渡り廊下を通ったのでほとんど濡れずに行けました。

右手にM+が見えてきました。

懐かしい看板

M+の入り口の向かいに、懐かしい看板が展示してありました。

こちらはクントンの麻雀店で実際に使われていた看板。

こちらは西営盤にのSammy’s Kitchenで使われていた看板です。

香港の道路に突き出た看板は、安全のためにどんどん撤去されてしまいました。

このような形で保存されているのは嬉しいですね。

中国大陸発のアート

入り口で検温、安心出行の登録をしてから入館します。

館内に入ってから予約票の提示をします。

展示施設は3つのフロアに分かれています。

こちらはM+ Sigg Collectionです。

絵画に詳しくなくても、なんだか中国大陸っぽい感じがします。

1960年代の香港の展示

1960年代の香港に関する展示もありました。

かつての香港らしい展示があったので、一部を紹介します。

集合住宅

自称”九龍皇帝”の落書き

チラシやポスター

これはなんと、日本の西武百貨店のポスターです。

映画館もある

施設内には映画館もあって、こだわりの作品を上映しています。

この時は、レスリーチャンの映画が上映されていました。

施設内には、人気の故宮博物館も

公園内の広場に、ド派手なキッチンカーが停まっていました。

香港の軽食でお馴染みの、フィッシュボールやチキンウイングなどが食べられるのですが、残念ながら行ったときには閉まっていました。

香港故宮文化博物館

敷地内には香港故宮文化博物館もあります。

こちらは予約が取れなかったので今回は断念しました。

入場無料だが、時間予約が必要

M+は、入場無料ですが時間予約が必要です。香港の旅行代理店klookのサイトから、事前に行きたい時間を選択してから入場します。(2022年8月現在、直前の予約でも入場できました。)。

今回は天気が悪くて行けなかったのですが、屋上から見えるビクトリアハーバーがとても良いそうなので、観光に是非オススメします。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中3)・次女(小6)

広告