蔵6330のランチは、ちょっとチーズが苦手な私でも大満足だった

蔵6330のランチは、ちょっとチーズが苦手な私でも大満足だった

蔵6330は牛乳とチーズで有名なレストラン

友人に連れられて、船橋市にあるレストラン蔵6330にランチに行ってきました。


蔵6330は、船橋郊外の車でないと不便な場所にある、予約の取りにくいレストランです。

友人から「牛乳とチーズで有名なレストランなんだけど」と言われた時はちょっと躊躇しました。

というのも、私はチーズがちょっと苦手。

焼いたピザは良いけど、生のチーズだと匂いでダメな時があります。

でもそんな私でも大満足のランチでした。

六三三〇は63度で30分のこと

蔵6330の店名の数字は、漢字で六三三〇と書いています。

そして、6330の意味は、63度で30分の意味。

牛乳の風味を壊さないように、低温でじっくり火を通す、その温度が63度で30分なんだそうです。

暖炉の前の席

友人がこの店の常連で、暖炉の前の特等席を予約してくれました。

本物の暖炉で、上に煙突が伸びています。

こんな風に、時々スタッフが薪を入れにきます。

薪を入れた後、蓋を軽く開け閉めするのを繰り返すことで、酸素を中に取り込んでいました。

大満足のランチ

友人とSTAUB Lunch蔵焼きLunchを注文して、シェアすることにしました。

まずは自家製生チーズが出てきます。

チーズ苦手な私にとって、ちょっとハードル高いかと思ったら、ぷるぷるしたデザートのようでした。

次に、旬の野菜のバーニャカウダ・そしてメインの2品です。

飲み物はヘルシーなホエードリンクにしました。

チーズ苦手でもいけた

寒い冬の中、暖炉の前でゆったりとした時間を過ごせました。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中3)・次女(小6)

広告