ゲルインクのポールペンのブルーブラックを比較してみた

ゲルインクのポールペンのブルーブラックを比較してみた

ゲルインクのボールペン/ブルーブラック

手帳などにメモするとき、ゲルインクのボールペンを愛用しています。


その中で私が一番持っている色がブルーブラックです。

文字も書けるしラインも引ける

なんでブルーブラックばかり持っているのか。

理由は単純で、文字も書けるしラインも引けるからです。

また海外では青インクを使っている人が多いこともあり、万年筆のようなイメージもあります。

4ミリの方眼で比べてみた

このブルーブラックのインクと一言で言っても、ブランドや太さによって書いた印象がかなり違います。

手持ちのブルーブラックのペンを比べてみました。(上から)

  1. uni STYLE FIT 0.5mm
  2. uni STYLE FIT 0.38mm  (1と2は同じペンホルダー)
  3. PILOT Juice 0.5mm
  4. ZEBRA SARASA CLIP 0.5mm
  5. FRIXON BALL 0.5mm
  6. FRIXON BALL 0.38mm

それぞれの書き味はこんな感じ。

 

STYLE FIT はインクがはっきりでる

普段手帳に書き込む時にメインで使っているのは、かなり年季の入ったSTYLE FITです。

STYLE FITのブルーブラックは0.38mm0.5mmの両方とも発色が良くて、手帳の小さな罫線・方眼に書き込むのに合っています

JuiceとSARASAは書き味がなめらか

JuiceSARASAは、書き味がなめらかです。

4mmの細い方眼だと太すぎますが、もう少し太い罫線の場合や縦書きの文字を書くときに使えます

JuiceとSARASAのどちらが良いかは好みによりますが、個人的にはグリップが若干太いSARASAの方が書きやすく感じます。(Juice 10mm / SARASA 11mm

FRIXONはカレンダーに使う

消せるボールペンであるFRIXION BALLは、変更のあるスケジュールを書くときに使います。

大まかなスケジュールの時は0.5mmで、細かなスケジュールの時は0.38mmを使っています。

 

黒が飽きた人にオススメ

普通の青だと派手すぎると感じますが、ブルーブラックだと落ち着いた色です。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告