コロナのワクチン接種の際、注射で倒れる「血管迷走神経反射」の人は、横になって接種したいと事前に申告することができます

コロナのワクチン接種の際、注射で倒れる「血管迷走神経反射」の人は、横になって接種したいと事前に申告することができます

血管迷走神経反射

血管迷走神経反射(けっかんめいそうしんけいはんしゃ)。


ちょっと分かりにくい言葉ですが、「注射などで貧血を起こして倒れる」ことをさします。

英語だとVasovagal Reflex(VVR)と呼びます。

私は昔から血液検査や予防接種で貧血を起こして倒れてしまって、大変な思いをしています。

そのため、以前より血液検査は極力ベッドで寝てしてもらうようにしています。

コロナワクチンでも可能か分からなかったのですが、できると聞いたので今回思い切って事前申告してみました。

ベッドで横になって接種

先日の1回目のワクチン接種(ファイザー)の時のこと。

問診の時にもらった副反応などが書かれた用紙に「血管迷走神経反射」と書かれていたので、その部分を指さして「私、これなんです」と申告しました。

するとベッドで寝た状態でしてもらえました。 

その後はそのままベッドに横たわって5分ほど休憩して、特に問題無かったのでそのまま帰宅しました。

事前に言うのはちょっと恥ずかしいですが、結果的には良かったと思っています。

私は普通のクリニックでの接種でしたが、保健所などの集団接種でも対応はしているはずなので、事前の問診の時に医師に伝えることをオススメします。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告