手帳にはフリクションボールかスタイルフィットの0.38mm

手帳にはフリクションボールかスタイルフィットの0.38mm

ほぼ日手帳とジブン手帳

2021年はほぼ日手帳ジブン手帳の2冊を使っています。


ほぼ日手帳はプライベート用。

ジブン手帳は、当初はマインドマップ用にしていましたが、今は仕事用に使っています。

どちらも半年毎の分冊版です。

薄い方眼用紙

ほぼ日手帳で使用されているのはトモエリバー

その一方でジブン手帳で使われているのがTHIN PAPERです。

どちらも薄い紙で、ほぼ日手帳は4mm 、ジブン手帳は3mmの方眼のマス目が入っています。

この2つの手帳の薄い紙ですが、ボールペンで書くとどうしても裏移りがします。

また下敷きを使うと、ボールペンのペン先が滑りすぎて書きづらいのです。

そのためゲルインキのペンを使うようにしています。

デイリーページにはスタイルフィットの0.38mm

デイリーページは修正しないので、スタイルフィットの0.38mmを使っています。

こちらの色はブルーブラックか、ブラウンブラックです。

ブラウンブラックはスタイルフィットにしかない色ですが、ほぼ日手帳のデイリーページに違和感なく書けます。

以前は0.5mmを使っていましたが、最近は少し細い0.38mmが気に入っています。

カレンダーページはフリクションポールの0.38mm

カレンダーページは、修正できるフリクションボールを使っています。

色はブルーブラック0.38mmです。

0.38mmがしっくりくる

書き比べるとこんな感じ。写真だと色味は分かりづらいな。

0.5mmの方が濃く見えますが、方眼に収まる大きさで文字を書こうとすると、0.38mmの方が良い感じです。

フリクションにはTHIN PAPERの方が良い

最後にフリクションボールとの相性について。 

それぞれの手帳にフリクションボールで線を引いて消した跡はこんな感じ。

・トモエリバー(ほぼ日手帳)

・THIN PAPER (ジブン手帳)

ジブン手帳は2020年版より、従来のトモエリバーからTHIN PAPERに変更しています。

そのため消せるボールペンで消した後の波打ちが発生しにくくなっています。

フリクションボールとの相性はジブン手帳の方が良さそうです。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告