自宅とコワーキングスペースのメリットとデメリットをあげてみた

自宅とコワーキングスペースのメリットとデメリットをあげてみた

リモートワークは難しい

リモートワークをしている皆さん、快適なリモート生活をおくられているでしょうか?


私の完全リモートの仕事が始まってから一週間あまりたちました。

改めてリモートで仕事する難しさを痛感していますが、その中での快適な生活を目指して試行錯誤しています。

Zoomは自宅で/作業はコワーキングスペースで

今はZoom会議は自宅で作業はコワーキングスペースでという二重生活をしています。

お金がかかるのになんで面倒くさいことをしているんだと思われるかもしれません。

実は自宅とコワーキングスペースにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

今回はこのメリットとデメリットについてリストにまとめてみました。

自宅

自宅のメリット

  • Zoom会議の時に他人を気にせずに自由に話すことができる
  • マスクをする必要がない
  • 休んだり食事したりといったことが自由にできる

自宅のデメリット

  • ダイニングテーブルの固い椅子で仕事を続けると腰が痛くなる
  • 1人でもくもくと作業していることで閉塞感を感じる
  • 仕事とプライベートの区別が無くなって一日中モヤモヤする
  • ついだらだらとしてしまう
  • 子供が帰ってくると全く作業に集中できない

コワーキングスペース

コワーキングスペースのメリット

  • 集中して作業できる
  • オフィス専用の椅子なので腰が痛くならない
  • 複合コピー機があるのでスキャン・コピーなどが自由にできる
  • 周りに人がいるので1人の時のような閉塞感を感じない
  • 仕事とプライベートが切り分けられる

コワーキングスペースのデメリット

  • 会費など余計なお金がかかる
  • コロナ禍でマスクをつけていないといけない
  • 自宅よりコロナ感染リスクが上がる
  • 周りに他人がいるのでZoom会議には向かない

自宅外の場所をうまく使う

リモートワークがだいぶ定着していました。

例えば1人暮らしや、夫婦だけで子供がいない方なのは、自宅をオフィスのようにできるかもしれません。

でも子供がいる家庭だと、なかなか書斎スペースが取れないケースが多いのが現状です。

コロナ感染のリスクに気をつけつつ、自宅外の場所をうまく使うのもありなんじゃないかと思います。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告