仕事はじめなので、「やったことリスト」をしばらく再開することにした

仕事はじめなので、「やったことリスト」をしばらく再開することにした

1月4日は仕事はじめ

1月4日は、仕事はじめの日。



私は無職なので、実際ははじめていないのですが(苦笑)。

主婦の観点だと、夫が仕事はじめで次女の学校が始まりました。

長女は今週後半から学校ですが、もう中学生なので家で留守番させています。

私は午前中からTENTに”出勤”をしています。

ほぼ日手帳で予定をたてる

1日のスケジュール管理のために、ほぼ日手帳2021カズン(分冊版)を使い始めました。

週間(バーチカル)のページで1日のざっくりした時間管理をして、更にデイリーのページで、同日のTo Doを書くようにしました。

でも計画は立てても、それを実行することとは違います。

そのため、作業の前にアプリのやったことリストで記録することを再開しました。

やったことリスト

やったことリストは、本来であればやった後に記入する物ですが、私は作業をはじめる前に記録しています。

  • 仕事をする
  • ブログを書く
  • 勉強する

こういったひとつひとつの作業の前に入力するのです。

やったことリストを事前に書くことのメリットは、今の時間は何をする時間なのかということを自分で認識できることです。

さらに時間は投資・消費・浪費・空費に分類できます。

  • 自己啓発やブログ執筆などは「投資」
  • 業務や家事などは「消費」
  • スマホやテレビなどの時間は「浪費」
  • 休憩や食事などの時間は「空費」

浪費をできるだけ減らして、投資を増やすのが良いです。

緊急事態宣言

緊急次回宣言が発令しそうです。

発令してしまうと自宅にいる時間が増えるので、ますます浪費が増えてしまいます。

事前にスケジュールを立てるのと同時に、自分の行動を振り返る必要性がでてきます。

どうなるか分からないけど、できるだけ浪費を減らして投資を増やすようにしたいと考えています。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告