やっぱり読書はアウトプットしないと意味が無い~アウトプット大全/樺沢紫苑(著)

やっぱり読書はアウトプットしないと意味が無い~アウトプット大全/樺沢紫苑(著)

読書マインドマップ

最近読書の時にマインドマップ®を書くことを復活させました。

マインドマップ®は、イギリスの教育者のトニー・ブザンが考案したノート法です。


読書をしながら書くのは、やったりやらなかったりと気まぐれなのですが、描いてみると理解が深まります。

インプット対アウトプット 3対7

精神学者の樺沢紫苑先生の書籍「アウトプット大全」を読みました。

この本の中で特に印象的なのが、インプットとアウトプットの比率が3対7ということ。

7対3じゃなくて3対7です。

この比率は学習にも使えて、例えば受験勉強の時などに、テキストで学ぶ時間と過去問を解く時間の比率も、3対7になります。

今回のマインドマップ

今回描いたマインドマップです。

落書きのみたいでそれほど綺麗に書いている訳ではありませんが、理解する分には十分です。

もちろんマインドマップを書いた後にブログで発信しているので、より理解が深まります。

アウトプットをインプットより多くするように普段から意識することが大切です。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告