本当にやりたいことは、「好きなこと x 得意なこと x 大事なこと」〜 世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」/ 八木仁平(著)

本当にやりたいことは、「好きなこと x 得意なこと x 大事なこと」〜 世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」/ 八木仁平(著)

やりたいことが分からない

自分のやりたいことが分からない。

老若男女に関わらず、そう思っている人は多いと思います。


やりたいことが分かれば、その方向に向かって舵を切ることができるのに、分からないから自分のエネルギーを持てあましてしまうのです。

そんな人にオススメの本を見つけました。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

今回読んだのは、世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方という本です。Kindleで読むことができます。

タイトルの通り、やりたいことを見つける方法について書かれています。

自己理解メソッド

本の中でやりたいことを見つける方法を、自己理解メソッドと呼んでいますが、このような手順で行います。

公式①「好きなこと x 得意のこと = やりたいこと」

「やりたいこと=好きなこと」ではありません。

やりたいことは好きなことを得意なやり方でやることです。

そのためまずは自分の得意なことを棚卸しすると良いのですが、この得意なことは

  • やっていて心地がいい
  • 頑張らなくても無意識にやっている

ことになります。

その人が持っている後天的に身につけられるスキル・知識とは違って、生まれつき持っているもので、どんな仕事でも使える才能のことです。

クリフトンストレングス(ストレングスファインダー)の上位にある資質を参考にするのも良いでしょう。

公式②「好きなこと x 得意なこと x 大事なこと =本当にやりたいこと」

好きなことを自分の得意な方法でやることがやりたい事なので、

「本当にやりたいこと」を見つけるために次に意識しないといけないのが大事なことです。

大事なこと=価値観になるのですが、何のために働くかの答えにもなります。

この何のためは、人によっても違います。「自由に働きたいから」といった自分に向く場合と、「女性の社会的立場の向上を目指す」といった他人や社会に向くこともあります。

まるこの場合

2017年に受けたクリフトンストレングスの上位5位まではこのようになっていました。

  1. 回復志向・・問題解決が好き
  2. 内省・・内観的、知的活動を好む
  3. 適応性・・流れにまかせる、今を生きる傾向がある
  4. 共感性・・他人の気持ちを感じることができる
  5. 調和性・・合意を求める(対立を求めない)

マイナス点を改善することが好きで、色々考えたことを書いたりするのが好きです。

こういった事が得意なので、自分が好きな事を上位志向を使ってするのが、やりたい事になります。

具体的にやりたいことは決まっていませんが、少し方向性が見えてきた気がします。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告