Runkeeperで使う音声は英語がオススメな3つの理由

Runkeeperで使う音声は英語がオススメな3つの理由

Runkeeper

RunkeeperはランニングなどのフィットネスをGPS機能を使って記録するアプリです。


今までは主にハイキングやウォーキングで使っていましたが、最近は自転車に良く乗っているので、自転車で長距離を走る時にも記録をしています。

英語がオススメな理由

Runkeeperは設定時間ごとに走行距離などを案内してくれます。

左上の鍵マーク→アクティビティ設定→音声案内 で、音声を設定することができます。

先日音声を最近デフォルトの日本語から英語に変えたのですが、とても面白いことが判明しました。

英語がオススメな理由をご紹介します。

1つ目の理由〜英語の方が音声がスムーズ

日本語の場合、案内の音声の順番が英語のままなので、ちょっと変な感じがします。

例えば終了時の日本語と英語のアナウンスの違いです(案内内容も設定できます)。

【日本語】

ワークアウトの概要

合計時間 ○○分

総距離  ○○ キロメートル

平均ペース ○○分 キロメートルあたり

【英語】

Workout summary

Total time ○○ minites

Total distance ○○ kilometer

Average pace ○○minites per kilometer

違和感を感じるのは平均ペースの部分です。

「○分・キロメートルあたり」の順番で案内されるのがいかにも「機械音」っぼく感じるのです。

でも英語の音声だと順番通りになっていて違和感はありません。

2つ目の理由〜音声が英語だけで5種類あって選べる

音声は6種類あります(2020年10月現在)。

  • Kat (デフォルト)日本語
  • Drill Instructor (英語)
  • Mademoiselle(英語)
  • Your Conscience(英語)
  • Boston Fan(英語)
  • Mr.Announcer(英語)

デフォルトの日本語は1種類しかありませんが、英語は5種類あります。

それぞれの音声のおおまかな特徴をあげておきます。

Drill Instructor 鬼教官の様な男性の声

Mademoiselle  フランス語が混じった女性の声

Your Conscience  張りのある男性の声

Boston Fan  ボストンのスポーツ好きの男性の声

Mr.Announcer  男性アナウンサーの声

5種類あると好みの声を選べるのが良いです。

ちなみに私の好みはYour ConscienceかMr.Announcerです。

3つ目の理由〜案内の後に一言コメントが付いてくる

最後の理由は「一言コメント」です。

英語の場合、案内の後にそれぞれの音声に合ったコメントが入ります。

例えばMr. Announcerの一言コメントはこんな感じです。

  • I believe in you.
  • Wherever you go, I go.
  • Fantastic job out there.

コメントは何パターンかあって、これを聞くだけでも面白いです。

音声によってコメント内容も違うので、その違いを楽しむのも良いでしょう。

ちなみにBoston Fanの場合はボストンネタが多いので、ボストンを知らない私はあまり理解できません(笑)。

最後に~英語の勉強にもなる

このように音声を英語にすると英語が身近になります。

色んな英語を聞くと勉強になるのも良いですね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告