香港国際空港にある日本航空の指定ラウンジの「カンタスラウンジ」は、ゴージャスな雰囲気で人がほとんどいないのが良かった

香港国際空港にある日本航空の指定ラウンジの「カンタスラウンジ」は、ゴージャスな雰囲気で人がほとんどいないのが良かった

キャセイラウンジがクローズ

キャセイパシフィック航空のアジアマイルの特典旅行を使って、香港から日本までの日本航空のビジネスクラスのチケットを購入しました。


新型コロナウイルスの影響で、2020年2月17日から香港国際空港内のキャセイラウンジの3ヶ所がクローズしていました。

クローズしていたキャセイラウンジ

  • The Bridge
  • The Deck
  • The Pier First Class Lounge

営業していたキャセイラウンジ

  • The Wing First Class and Business Class Lounges
  • The Pier Business Class Lounge

カンタスラウンジ

今回は利用したのは日本航空の便です。

キャセイラウンジも使えますが、利用を勧められるのはカンタスラウンジ(The Qantas Hong Kong Lounge)です。

チェックインの際にラウンジのパンフレットをもらいました。

こういった細かいサービスをしてもらえるのは、さすが日系の航空会社です。

海外でチェックインする時にラウンジについて説明してもらうことは稀で、ラウンジは何処ですか?と聞いてはじめて場所を教えてもらえるのが当たり前です。

カンタスラウンジは北側の出国ゲートを出てすぐの場所にありますが、目印の看板がありました。

ラウンジはやはり空いていた

カンタスラウンジはオーストラリアのカンタス航空のラウンジですが、香港発のカンタス便は夜6時以降しか無いので、昼間の利用客はほとんどいません。

中に入るとまず目につくのがバーカウンターで、その先にラウンジが縦に長く伸びていました。

仕事ができるスペースもあります。

ネットでの口コミで、カンタスラウンジはガラガラだと書かれてありましたが、案の定空いていて、この時も10人くらいしかいませんでした。

あまりにも空いているので、奥のスペースは使えないようになっていました。

ASPARのハンドウォッシュ

ラウンジ内のお手洗いやシャワーといった施設は全て揃っています。

特に気に入ったのは、お手洗いで使用されているオーガニックブランドのASPARのBOTANICAL HAND WASHと、ROSE & SHEA HAND CREAMです。

手を洗う頻度が増えると、どうしても手が荒れてしまいます。

ここだと手を洗ってすぐにハンドクリームが塗れたので、手がしっとりしてとても良い匂いがしました。

食事の一部はラップされていた

行った時間はランチタイムでした。

カレーなどの温かい食事はビュッフェスタイルになっていました。

日本人に嬉しい漬け物とか薬味もあります。

サラダやデザートなどは小分けにラップされていました。

サラダは通常は自分で取るスタイルですが、今は新型コロナウイルスの関係で、衛生面が考慮されているからのようです。

またラップされたこれは何だろうかと思ったら、味噌汁の具でした。

今回はサラダを2種類、おかずとカレーを食べました。

カレーは成田にあるサクララウンジに比べると劣るものの、十分に美味しく感じました(海外に住んでいるからかも)。

麵とデザート

続いて雲呑麵。

デザートは塩キャラメルチーズケーキです。

お酒は充実

お酒はバーカウンターとは別に、食事の置かれている場所の近くにもワインなどが置かれていました。

私は飲みませんでしたが、日本人のおじさま数名が我が物顔のように飲んでいました(笑)。

キャセイラウンジは香港・中国系の人が多いですが、こちらのラウンジにいたのは日本人以外はほぼ欧米人。

ゴージャスな雰囲気の中でゆったりと過ごせました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告