香港セントラルの大館(Tai Kwun)にある旧裁判所にはじめて入った

香港セントラルの大館(Tai Kwun)にある旧裁判所にはじめて入った

大館(Tai Kwun)

香港島のセントラルにある大館(Tai Kwun)に久しぶりに行ってきました。


大館(Tai Kwun)は、かつて中央警察署・裁判所・刑務所・警察官舎といった警察関係の建物が集まった場所がアート施設に生まれ変わった観光スポットです。

予約は無くても入れるようになった

以前は事前予約が必須でしたが、2019年時点では無くても入れるようでした。

私は念のため予約をしておいたので、予約をしたスマートフォンの画面のQRコードを入り口にある機械にかざして入場しました。

ちなみに登録した時間より早く入場しましたが、全く問題ありませんでした。

クリスマスの賑わい

ちょうどクリスマスだったので、大館には沢山の人が訪れていました。

飲食店の外の席は、オープンテラスのバーになっていて欧米人を中心に賑わっていました。

広場にある巨大な絵は、香港とベルリンのアーティストによる作品「ベルリンの印象(Berlin Impression)」です。

この絵はInstagramで観ることもできます。

WENU artist collectiv(@we.n.u) • Instagram写真と動画

旧裁判所

以前はまだオープンしていなかった裁判所(中央裁判司署)の建物にはじめて入りました。

中央裁判司署は1915年から1979年まで実際に使用されていました。

夜の街に繰り出す前の休憩にも使える

大館(Tai Kwun)は、香港セントラルの繁華街のLan Kwai FongSOHOのちょうど間にあります。

お手洗いが綺麗なので、夜の街に繰り出す前の休憩場所として使うこともできます。

もちろん大館(Tai Kwun)の飲食店も増えたので、ここで食事を取ってもいいですね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

まるこ
香港在住9年目。
働きながら2人の子供の子育てをしています。
好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。
行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。