朝の香港がデモ隊による妨害活動で大変なことになった

朝の香港がデモ隊による妨害活動で大変なことになった

月曜日朝の抗議活動

11月11日(土)の朝の出勤時間の香港は大変な状態になっていました。


当日は早朝から職場や学校をボイコットする抗議活動が行われていました。

香港の各地でデモ隊により地下鉄や道路がブロックされていて、出勤することができなくなっていました。

いつも利用する東涌駅もクローズしました。

今度はバスでの移動を試みましたが、バス停にも長蛇の列ができていて、バスが来ても既に満杯で乗ることもできません。

駅近くのバス停に移動したら抗議活動の現場に遭遇した

ひとつでも手前のバス停の方が乗りやすいと思い、駅近くのバス停に移動しましたが、この選択は大きな間違いでした。

ケーブルカー乗り場の近くで、作業員と思われる人たちが歩道の補修をしていました。

いや、良く見るとそれは補修ではありませんでした。

彼らは抗議活動に参加している若者たちでした。

歩道に敷き詰められたブロックをひとつひとつ工具で剥がして、それを道路に投げ込んでいたのです。

デモに参加しているのは20代前半くらいの若い人ばかりで、だいたい20人くらいでした。

東涌駅の周りではケーブルカーの乗り場の前(達東路①)と、そこから少し歩いた順東路と交差する場所(②)の2箇所かブロックされていました。

カフェに避難した

職場から一旦自宅待機の連絡がきました。

ただ一旦家に帰るとだらけてしまうので、カフェに避難することにしました。

スターバックスはセキュリティーのためにクローズされてしまったので、今回はパシフィックコーヒーを利用しました。

影響の少ない香港島行きのバスに乗れた

ここから再び家の近くのバス停に戻って、たまたま停車した香港島行きのバスE11Aに乗り込みました。

当日はブロックされた駅近のバス停をスキップしたので、スムーズに行くことができました。

香港島にある上環駅でバスを降りて、地下鉄で職場の尖沙咀まで移動しました。

最終的にお昼前に職場に到着しました。

地下鉄の終点付近

今回の朝の抗議活動は、警官が実弾を使用した香港島の西灣河など中心街でも起きましたが、その多くは香港の地下鉄の終点付近で起きました。

郊外は市街地に比べて地下鉄の依存度が高いので、停まってしまうと大変です。

しかも今回は一日で終わらないらしい。

今週は大変な週になりそうです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告