香港国際空港の「デモ対策のための入場規制」はやっぱり不便だと思う

香港国際空港の「デモ対策のための入場規制」はやっぱり不便だと思う

香港国際空港が入場規制

土曜日の午後のフライトで香港から日本に向かいました。


香港国際空港では、6月から続いているデモの影響で、空港内で入場規制をしていました。

第1ターミナルの入り口

当日はスケジュールの関係で、レンタル予約をしていたポケットWifiを事前に空港に引き取りに行きました。

第1ターミナルの到着ロビーにあるポケットWifiのあるカウンターに向かったのですが、空港の入り口で検問がありました。

通路が仕切られていて、右側の細い入り口からしか入れないようになっていました。

通路の最初の場所ではパスポートを見せました。

そして通路の先で、今度は搭乗券(予約表)とパスポートを見せました。

エアポートエクスプレス

到着ロビー自体はいつもと変わりはありませんでした。

でもエアポートエクスプレスの2つの入り口の1つがクローズしていて、出入りは1ヶ所だけになっていました。

警備をしやすくするためと思われます。

第2ターミナル入り口

一旦空港施設を出て、市街地で子どもを引き取りました。

そして今度は香港エクスプレスのチェックインカウンターのある第2ターミナルの出発ロビーの入り口を利用しました。

この入り口にはいくつか扉があるものの、1ヶ所からしか入れないようになっていました。

入り口で検問があって、ここで搭乗券とパスポートの提示が求められました。

自由に空港に出入りできないのは不便

私は空港を飛行機を乗る用事以外で利用するのが好きなので、空港に自由に出入りができないのをとても不便に感じます。

早く空港が元に戻って欲しいと願っています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告