觀塘で典型的な潮州式のお祭りを見学した〜觀塘潮僑工商界盂蘭勝會@觀塘康寧道球場 / 香港のお盆まつり「ハングリー・ゴーストフェスティバル(盂蘭勝會)」を見学 in 2019(4)

觀塘で典型的な潮州式のお祭りを見学した〜觀塘潮僑工商界盂蘭勝會@觀塘康寧道球場 / 香港のお盆まつり「ハングリー・ゴーストフェスティバル(盂蘭勝會)」を見学 in 2019(4)

香港のお盆まつり

香港のお盆まつりは、農暦(旧暦)の七月に行われます。

2019年は8月の夏休み期間中にお祭りがありました。

觀塘

2019年は地下鉄の觀塘線で行われる祭りを重点的に見学をしようと当初から決めていました。

このエリアは今までは遠いと避けていたからです。

今年はすでに藍田・油塘に行ってきたので、次はお隣の觀塘で開催されたお祭りに行ってみることにしました。

行ったのは、8月13日(火)の夕方。3日間続くお祭りの初日の夜です。

觀塘康寧道球場

今回の会場の觀塘康寧道球場は、觀塘の駅から歩いて10分くらいの、なだらかな坂の上にありました。

神功戲

私が着いた時間は、すでに神功戲と呼ばれる神様に捧げる舞台が行われていました。

潮州語の舞台なので、舞台袖に字幕もついています。

潮州式のお祭り

このおまつりは、香港で一般的な潮州式のお祭りです。

潮州式のお祭りは、香港の非物質(無形)文化遺産として登録されています。

神棚

神棚の中を覗いてみました。

神棚にある人形のいるこの装置は、実は動いています。

この装置も潮州式のお祭りで一般的に見られるものです。

大士台

観音菩薩の化身とも言われている霊の番人の大士王。

顔が青くて仁王立ちしている大士王も、潮州式のお祭りの特徴です。

孤魂台・附薦台

そして孤独な魂を供養するための孤魂台、先祖の供養のための附薦台もあります。

経師棚

経師棚ではお経があげられていました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告