「香港で最も怖い道」と言われているタイタム貯水池のダムの上を2階建てバスで渡るのは迫力満点だった〜大潭水務文物徑(Tai Tam Waterworks Heritage Trail)をお散歩(1)

「香港で最も怖い道」と言われているタイタム貯水池のダムの上を2階建てバスで渡るのは迫力満点だった〜大潭水務文物徑(Tai Tam Waterworks Heritage Trail)をお散歩(1)

2019年はダムを巡ることにした

2016年5月に始まったこのブログも開始して2年半になりました。


今まではブログの中で港珠澳大橋・青馬大橋・深圳湾大橋など、巨大橋を取りあげることが多かったのですが、2019年はダムを見に行こうと思っています。

先日は九龍半島にある城門水塘主壩(Shing Mun Reservoir Main Dam)を見に行ってきました。

今回訪れたのは、香港島にあるタイタム貯水池(大潭水塘-Tai Tam Reservoir )です。

今回は4回に分けて、このタイタム貯水池について取りあげようと思います。

香港で最も怖い道!?

先日読んだガイドブックの中で、2階建てバスでダムの上を走る迫力の写真が紹介されていました。

大潭篤水塘水壩(Tai Tam Tuk Reservoir Dam)のダムの上をバスで行くのですが、この道は香港で最も怖い道と言われています。

道幅が5メートルしかない片側1車線ずつの細い道で、しかも道の両側には石作りの低いガードレールしか無いというのがその理由です。

怖そうだけど気になって、どうしてもこのバスに乗りたくなりました。

西灣河から14番バスに乗った

ダムの上を走るバスは幾つかありますが、今回はガイドブックにも紹介されていた14番のバスに乗ることにしました。

始発は地下鉄のアイランドラインの西灣河(Sai Wan Ho)駅です。

A出口を出てすぐ正面にバス停があるので分かりやすいです。

バスの左前に乗車

バスに乗って一番前の左側に座りました。バスはしばらくトラムと併走します。

途中から山道に入ってちょっと怖くなる

しばらくすると細い山道に入りました。

途中から崖すれすれの所を走るので、左側が崖になっててちょっと怖いです。

でも本当に怖いのはこの後です。

ダムの上を走る

ついにダムが近づいてきました。

道の両側がダムなので、どちらに落ちても危険です。

とても綺麗な景色なのですが、それにしても道細すぎ!

2階建てバスがバランスを崩さないかハラハラします。

写真だとこの迫力をお伝えできないのが残念です。

ちょっと怖かったけど、バスの2階から迫力のある風景を楽しめました。

【今回のルート】

【タイタム貯水池に関する他の記事はこちら】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告