香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(5)兵舎は英国軍の影響が強そうです

香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(5)兵舎は英国軍の影響が強そうです

兵舎周辺

今回の開放日では兵隊の住む場所である兵舎(バラック)の建物の一部も公開していました。


このバラックは1997年の返還前は英国軍が利用していたため、この建物もその当時の名残があると思われます。

軍官の部屋

まずは下の階にある軍官の部屋を見学しました。

軍官の部屋は個室ですね。

戦士の部屋

次に上の階にある戦士の部屋を見学。

ここは6人部屋であるようです。

部屋の中では子供たちと兵隊さんとの撮影タイムになっていました。

休憩室と儲藏室

そして雑誌などが置かれた部屋が休憩室として使われていました。

また儲藏室とあったのは保管庫のようです。

のどかな光景

建物のバルコニーから外を眺めました。

ここが基地であることを忘れてしまうくらいののどかな景色が広がっています。

これはやはり旧英国軍の場所だったからでしょうか。

人民解放軍や日本の自衛隊の基地はもう少し無機質なんじゃないかなと思うのです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :