香港にある「歴史建築」と「法定古蹟」についてまとめてみました

香港にある「歴史建築」と「法定古蹟」についてまとめてみました

歴史的建造物

香港には歴史的な建造物が数多くあります。

歴史的な建造物は、主に数百年前に建てられた中国式の寺院とイギリス統治時代に建てられた西洋式な建物に分けられます。

これらの建物に対してあるものには歴史建築、そして別のものには法定古蹟(記念史跡)という言葉を使います。

この歴史建築と法定古蹟にについてまとめてみました。

歴史建築

歴史建築は香港政府の機関である古物古蹟辦事處(Antiquities and Monuments Office)の諮問委員会で審議されて歴史的価値があると認められた建造物です。

歴史建築として認められている場所は合計で1444箇所あり、そのグレードとして1級から3級とその他(グレード無し)に分けられています。

1級から3級の基準はこのようになっています。下の数字は2017年3月現在のものです。

  • 1級 飛び抜けて重要な建築物で、その保護のためにあらゆる努力をする必要がある。(163箇所)
  • 2級 かなり重要な建築物で、その保護のために幾つかの方法で努力をする必要がある。(329箇所)
  • 3級 重要な建築物で、その保護のために努力はするが、他の方法も検討できる。(455箇所)

1級から3級までの歴史建築の例として、私が今まで行ったことのある場所をあげてみます。

1級歴史建築

  • 半島酒店(The Peninsula Hong Kong)

  • 香港文物探知館(Hong Kong Heritage Discovery Centre)

  • 油麻地天后廟(Tin Hau Temple)

  • 油麻地抽水站宿舍(Engineer’s Office of the Former Pumping Station)

2級歴史建築

  • 油麻地警署(Yau Ma Tei Police Station)

  • 油麻地果欄(Yau Ma Tei Fruit Market)

  • 油麻地戲院(Yau Ma Tei Theatre)

  • 美荷樓(Mei Ho House)

  • 大澳文物酒店(Tai O Heritage Hotel)

  • 東涌侯王古廟(Hau Wong Temple)

3級歴史建築

  • 荷李活道已婚警察宿舍(Former Hollywood Road Police Married Quarters)-PMQ

法定古蹟

歴史建築と併せて法定古蹟(ほうていこせき)というものがあります。

法定古蹟は古物古蹟辦事處(Antiquities and Monuments Office)の諮問委員会で決定された香港の記念史跡(記念建造物)のことです。

法定古蹟としてあげられている場所の例としてはこれらの場所があげられます。

  • 文武廟(Man Mo Temple)

  • 前水警總部(Former Marine Police Headquarters)-1881 Heritage

おすすめはGeographical Information System

ここで私が最近いつも見ているオススメのサイトをご紹介します。

Geographical Information System on Hong Kong Heritage

このサイトには香港内の歴史的建造物が地図上に出てきます。その場所をクリックすると建物の写真と説明も出てくるのです。

そしてそれぞれの歴史的建造物のグレードも色で分かるようになっています。

  • 茶色・・・・法定古蹟
  • 赤・・・・・1級歴史建築
  • ピンク・・・2級歴史建築
  • オレンジ・・3級歴史建築

さすがに位置情報とはリンクしてはいませんが、Google Mapと併用すれば近くにある歴史的な建造物がすぐに分かるようになっています。

ちょっと重たいので出来ればWifi環境下での使用が望ましいです。

建物を通して歴史を感じます

このように香港内では様々な建物が政府によって登録され保護されています。

普段は何気なく通り過ぎる建物に歴史があると感じるだけでも楽しくなりますね。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :