2階建てバスでのランタオ島の山越えは、牛が見えたり絶景の景色を楽しめたりと盛りだくさんだった

2階建てバスでのランタオ島の山越えは、牛が見えたり絶景の景色を楽しめたりと盛りだくさんだった

ニューランタオバス

ランタオ島に、ニューランタオバス(New Lantao Bus)と呼ばれるバス会社があります。


2018年の10月に開通した港珠澳大橋のイミグレーションと東涌駅を結ぶバスもこのニューランタオバスが運行していますが、このバスは2階建てバスでした。

今までは観光バスのタイプがメインでしたが、、最近2階建てバスも見られるようになりました。

今回ははじめて2階建てバスで山越えを体験できて、とても面白かったです。

梅窩

梅窩(Mui Wo)から東涌駅を約40分で結んでいる3Mというバスのルートがありますが、このルートではじめて2階建てバスに乗りました。

2階席の一番前に座ると景色が良く見えます。

おそらく今までこのルートを何十回(おそらく100は超える)も乗っていますが、全く違います。

ランタオ島といえば野生の牛で有名です。

2階建てバスだと牛も良く見えます。

梅窩では普通に人間がいる空間に牛がいるので、行くたびに驚かされます。

キャンプ施設

梅窩からはしばらくくねくねした山道を走ります。

このあたりにはキャンプ場などがあります。

杯澳

杯澳(Pui O)と呼ばれる住宅地が見えてきました。

このあたりには小学校などもあります。

山越え

そしてこのバスのメインのコースである「山越え」が始まりました。

バスは蛇行しながら約300メートルの地点まで一気に上ります。

心配だったので、果たして2階建てバスで山を越えられるのだろうかということでした。

確かに他の車を先に通すために何度も停まっていましたが、それでも何とか上っていました。

バスからのランタオ島の南側の景色はいつ見ても絶景です。

ジェットコースター

ここからは下り坂です。

子どもはこの下り坂を「ジェットコースター」と呼んでいますが、その名前の通り上りとは違って一気に下りていきました。

東涌

そして坂を下り終わって、東涌郊外の街が見えてきました。

そして東涌駅に無事に到着しました。

2階建てバスは面白い

このバスのルートを何十回も利用していますが、今回はワクワクして車窓から目が離せませんでした。

やっぱり2階建バスは面白いです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

CATEGORY :