ベトナムで下痢止めの薬smecta(スメクタテスミン)が香港の3分の1以下の値段だったので、思わず箱買いしてしまった〜子連れでハノイ旅行(3)

ベトナムで下痢止めの薬smecta(スメクタテスミン)が香港の3分の1以下の値段だったので、思わず箱買いしてしまった〜子連れでハノイ旅行(3)

smecta

smectaはフランスのipsen社が販売している下痢止めの薬です。

オレンジ味の粉状の薬で、そのままで飲むと粉っぽいので水に溶かして飲みます。


以前香港の病院で処方されてからこの薬が気に入ってしまい、今では家と会社にストックしていて万が一の時に飲んでいます。

香港では病院の処方でも出される薬ですが、薬剤師のいる薬局で普通に買うことができます。

また日本では第2類医薬品の扱いで、「スメクタテスミン」という名前で売られています。

ベトナムだと香港の3分の1の値段

smectaはベトナムで買うと香港より値段がかなり安いです。

香港では10袋入りの小さな箱で49.8ドルなので、1袋あたり約5香港ドル(約70円)です。

でもベトナムだと1袋4,000ドン(約20円)なのです。

香港の3分の1以下の値段です。

これはまとめ買いしないとと思い、30袋の入った大きな箱を2つも買ってしまいました。

箱を開けると小さな袋がたくさん入っています。

袋のパッケージです。

LACTOMIN PLUS

smectaと一緒に飲むと良いと薬剤師に勧められた薬があったので、ついでに買っておくことにしました。

LACTOMIN PLUSという名前で、乳酸菌で出来た整腸剤でした。

1袋単位で買うことも出来る

私はsmectaを大きな箱で買いましたが、もちろん1袋単位で買うことも出来ます。

箱の上に貼られた値段は1袋あたりのものです。

東南アジアの国では何があるか分からないので、このような薬があると安心ですね。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off