中国語オンリーの日本向けSIMカードの設定が「Google画像検索」を使って出来ました

中国語オンリーの日本向けSIMカードの設定が「Google画像検索」を使って出来ました

日本向けSIMカードをはじめて使いました

週末を使って日本に一時帰国しました。

今回の一時帰国で日本向けのSIMカードをはじめて使用したのですが、アクティベーションに思いのほか手間取りました。

でもGoogle画像翻訳のおかげで無事に設定をすることが出来ました。

深水埗鴨寮街

今回私が日本向けのSIMカードを購入したのは、前回マカオ向けのSIMカードを購入したのと同じ深水埗鴨寮街です。

このようにSIMカードを売っているお店が何件もあります。

日本向けのプリペイドSIMの期間は5日・8日・14日・1ヶ月です。

私の日本滞在は3日だけだったのですが、さすがに3日の短期のカードは無かったので5日の物を購入しました。

鴨寮街の5日のカードの相場は60ドル~70ドル(約840円〜980円)でした。

今回は万が一使えなかったリスクを考慮して、違う種類のカードを別々のお店で購入しておきました。

このカードを使用することにしました

今回はこちらのSIMカードを使用することにしました。

日本で設定出来ませんでした

香港から成田空港に向かう薄暗い機内で事前にSIM交換だけ済ませることにしました。

こちらが表面です。

こちらが裏面になります。

日本に到着してからアクティベーションをしたのですが、どうしても設定が出来ません。

頼りなのはこの説明書なのですが、予想通りオール中国語です。

なんとか分かる言葉をつないでいきます。

基本的にはカードを入れたらアクティベーションが出来ると書いてあります。

スマートフォン上にはちゃんとSoftBankと出ているので、このSIMカード自体は使えるようです。

ネット環境で無いのでその場では諦めることにしました。

Wifiの環境でGoogleの画像翻訳

Wifi環境のある実家に戻り、頼りのGoogle翻訳で翻訳。

翻訳した結果がこちらです。

これだけだと怪しい日本語の羅列です。

でもここであるキーワードが目に入りました。

このデータローミングONという場所です。

「あっこれだー」と思って設定を確認したところ、やっぱりデータローミングオフになっていました。

早速データローミングをONにして無事にSIMカードを使用することが出来る様になりました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中1)・次女(小4)

広告