香港のホテルでの一週間の隔離中に、あったら便利なもの

香港のホテルでの一週間の隔離中に、あったら便利なもの

香港のホテルでの隔離中にあったら便利なもの

香港では、外国からの入境者に対して1~2週間のホテルでの隔離が必要です(2022年7月現在)。


この隔離措置は2022年11月頃に解除になると言われていますが、現時点では未定です。

ホテルでの隔離生活で、あったら便利なものについてまとめてみたので、隔離の予定のある方は参考にしてください。

食べ物か飲み物

・ティーバッグやコーヒーなど

コーヒーや紅茶などはホテルに備え付けがあるとは思いますが、味が合うか分かりません。

外に自由に買いにいけないので、気に入ったものを用意しておくと良いです。

・お菓子

子連れの場合お菓子は必須です。

乾燥などもあるので、喉を潤すのど飴があると重宝します。

・インスタント麺・レトルトカレーなど

ホテルによって、食事の味が合わないことがあり得ます。

室内には電子ケトルのみで電子レンジが無いため、調理できる料理には限りがあります。

熱湯があれば調理可能な、インスタント麺レトルトカレーなどがあると良いです。

・調味料

食事の味が薄く感じる時など、塩・胡椒・醤油などがあると便利です。

またカレーパウダーやマジックソルトなどがあると、味が変えられます。

・薬

体調を崩した場合の薬も準備しておきましょう。

鎮痛剤、風邪薬、胃腸薬・冷えピタなどがあると、万が一体調を崩した場合に対応できます。

・アルコール類(本当はダメだけど)

隔離中の喫煙とアルコール摂取は禁止されています。

ただ、ずっと部屋にこもっていて何もすることが無いので、ちょっとくらいとなるかも。

雑貨類

・洗濯物を干すハンガー

これは隔離期間に限らずですが、洗濯物を室内で干すハンガーがあると便利です。

・洗剤

洗剤はホテルで用意されていると思いますが、無いと困るので、旅行用のものを準備しておくと良いです。

・食器洗いとスポンジ

ホテルで用意されている場合もありますが、無い場合もあります。

・果物ナイフと小さなまな板

果物ナイフは食事についているオレンジやリンゴをカットするのに便利です。

100均で売られている小さなまな板があると、もっと便利です。

・キッチンペーパ-

キッチンペーパーは、手や食器を拭いたり、床掃除など万能に使えます。

・お掃除用ドライシート・ウェットシート

洗面台床の掃除の時など、キッチンペーパーでもできますが、髪の毛などを取る時には専用のシートがあると便利です。

こちらは、実際にホテルで用意されていたそものです。

すべてのホテルでこの準備があるかは分からないので、可能な範囲で持って行くと安心です。

その他

・プリペイドSIMカード

香港に住んでいる方は不要ですが、外国から入境する場合、プリペイドSIMカードをあらかじめ持っておいた方が便利です。

何に便利かというと、「デリバリー」です。

通常の隔離専用ホテルの場合、Deliverooなどの外部からのデリバリーが可能です(陽性者の療養専用ホテルを除く)。

デリバリーである程度のものを買うことができるのですが、このときに必須なのが「香港の電話番号」なのです。

我が家では、Deliverooでマクドナルドのナゲットを注文しました(フロントからのデリバリーが遅いので、だいぶ冷えてしまっていましたが)。

・ポケットWifi

次に必要なのはポケットWifiです。

ホテルによってWifiのスピードにかなりの違いがあり、私の宿泊したNINA HOTELのWifiは驚くほどスピードが遅くて、メールくらいしか送信できませんでした。リモートで仕事をしている関係上、仕事にも支障がでて大変でした。

外国人の良く宿泊する高級ホテルであれば問題ないと思いますが、中級以下のホテルの場合は注意が必要です。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中3)・次女(小6)

広告