MacBookの親指シフトで右手小指を酷使してしまったので、一旦ローマ字入力に戻した

MacBookの親指シフトで右手小指を酷使してしまったので、一旦ローマ字入力に戻した

MacBookでの親指シフト

先日MacBookで親指シフトができるようにLacailleをインストールしました。


これで親指シフトがてきる!

と気合いが入ったのですが、数日でローマ字に戻すことにしました。

小指と手首に酷い痛みが襲ってしまい、右手自体が使えなくなってしまったからです。

ポメラとiPadとでキーピッチが違う

この問題が起こった理由は、ポメラとMacBookとのキーピッチの違いです。

右手人差し指を置くホームポジションからバックスペースキーまで、ポメラDM200だと6.6cmです。

でもMacBook pro(13インチ)だと7.5cmになります。

親指シフトの特徴として、右側のキーポジションの5つ目のキー(*:けのキー)をバックスペースキーとして使うことができます。

また、その上のキーを文章の間の「」として使います。

この2つのキーについては、右人差し指をホームポジションに置いたまま、小指だけをずらして入力します。

親指シフトでのきちんとした手の形は「猫の手」が良いとされています。

猫の手は、手のひらに小さな球を握った状態をキープする状態。

この状態をキープしたままで右小指でキー入力すれば小指の負担はそれほどありません。

でもこの動作はキーピッチの短いポメラでは全く問題ないのですが、MacBookだと小指を余計に右に広げたため、猫の手が崩れてしまい、小指に余計な負荷がかかってしまいました。

Enterキーは最初から捨てている

ここまで読まれ、「じゃあEnterキーはどうなんだ」と思われた方がいるかもしれません。

Enterキーについては、ローマ字でも親指シフトでも、右手小指で入力することがが望ましいとされています。

でも私の手の大きさだと、Enterキーを右手小指で入力することができません。

そのため、通常の漢字変換の時には「Ctrl+M」で確定して、改行の時だけ手首から右にずらしてEnterキーを薬指で入力しています。

コンディションが良くなり次第親指シフトを再開

そんなこんなで、せっかくインストールした親指シフトに半分挫折した状態になってしまったのですが、諦めた訳ではありません。

あくまでもMacBookで親指シフトをやっていないに過ぎなくて、ポメラでは引き続き親指シフトを使っているからです。

右手のコンディションが落ち着き次第、考えている方法で再度トライすることにします。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告