リモーワークに苦戦している3つの理由

リモーワークに苦戦している3つの理由

リモートの仕事が始まった

3月から完全在宅勤務の仕事を始めました。


今は引き継ぎや研修の段階で、特別な仕事をしている状態ではありません。

でも仕事といえばオフィスでの仕事しか経験が無いので、始めての形態にかなり苦戦しているのが事実です。

改めて自分がどれだけアナログ人間であることを痛感しています。

最初の一週間は何が何だか分からなくて、頭の中がずっとぐるぐるしていましたが、一週間たって少し状況が見えてきたので、どんな部分に慣れていないのかまとめてみました。

1 リモートで仕事をするのに慣れない

今までの仕事はずっとオフィスの中だけで、オフィスを出て仕事をする機会が全くありませんでした。周りに人がいない状態で仕事をすること自体が始めてで、どのように仕事をこなせば良いか分からない状態です。

また通常のオフィスワークの場合は周りに人がいるので、仕事の引き継ぎに関しても比較的スムーズに進みますが、完全なリモートだと、何かを質問しようにも周りにいるのが自分だけなので、相手の状況が分からず質問の方法に悩みます。

2 自分のパソコンで仕事をするのに慣れない

今までの仕事は職場に行って職場指定のパソコンを使っていましたが、今回の仕事は自分のパソコンを使ってする形をとっています。この自分のパソコンで仕事をする事自体にも慣れていません。

つい最近Macbook Proをを買ったばかりなので、このパソコンを仕事用に使う形になりますが、今までずっとWindowsだったのでMacBookでの作業自体にも慣れていません。

3 仕事とプライベートの切り離しに慣れない

通常オフィスワークだと、職場を出て帰宅する時間に仕事の自動的にリセットできましたが、リモートワークだとこのリセットがとても難しく感じます。夜に寝る時まで仕事の事を考えるような状態になってしまうのです。

時間で割り切るなど、自分なりの仕事とプライベートの切り離しが必要だと思われます。

それでも新しいことにチャレンジする意味がある

このように慣れないことばかりで、個人的にはかなり大変なのですが、オンラインでの仕事に長けた先輩方の懸命なサポートがあり、よちよちながらも何とか進んでいます。

新しいことにチャレンジすることで、自分自身が確実にステップアップできると信じています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告