レストランの料理のテイクアウトが便利だと思う3つの理由〜六榕仙館(Luk Yung Sin Kwun)

レストランの料理のテイクアウトが便利だと思う3つの理由〜六榕仙館(Luk Yung Sin Kwun)

テイクアウトでレストランのメニューを頼んだ

佐敦にある素食(ベジタリアン)レストランの六榕仙館(Luk Yung Sin Kwun)で、はじめて料理をテイクアウトしました。


テイクアウトしたのは、細かく刻んだ食材をレタスに包んで食べる「七彩生菜包(Stir-Fried Chop Suey Wrapped in Lettuce)」です。

香港のレストランで料理を持ち帰るのは初めてですが、なかなか良かったです。

テイクアウトで良かったこと

1.お店の味をそのまま家で楽しめる

テイクアウトをすると、お店のメニューをそのまま食べることができます。

中華料理だと自分で作れないメニューもあるので、お店の味を楽しめるのは嬉しいです。

2.一品だけ頼むので、トータルの値段が安く済む

レストランのテイクアウトなので通常のお惣菜より割高ですが、特定のメニューだけ注文するのでトータルでは割安です。

例えば香港の中華料理をレストランで食べる場合、どうしても2品以上は注文してしまいます。さらにお茶代と10%のサービスチャージを取られてしまいます。

でもテイクアウトだとサービスチャージがかからないので、メニューと通りの金額を払うだけで済みます。

3.食べきれない分はあとで食べられる

家に帰ってからお皿に持って食べました。

これで半分の量です。

食べきれなかった分はパックに入れて冷蔵庫に入れておけば、あとで食べられます。

小分けに食べられるのも持ち帰りならではです。

ちなみに今回は調子に乗って中華菓子も買ってしまいました。

色んなお店でテイクアウトをはじめた

新型コロナウイルスの影響で、日本の多くのレストランでもテイクアウトメニューを始めたようです。

香港の中華料理店は今までも持ち帰りをやっていましたが、最近は一部のホテルのレストランでもテイクアウトメニューを始めています。

せっかくの機会なので、今まで入る機会がなかったお店で試してみるのも良いですね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告