香港のバーでアルコールは飲めないけど、レストランで食事のついでに飲むことはできることが分かった

香港のバーでアルコールは飲めないけど、レストランで食事のついでに飲むことはできることが分かった

14日間のアルコール提供の停止

香港では4月3日18時~17日までの2週間、お店でのアルコールの提供ができなくなっています。


そのため尖沙咀のナッツフォードテラスにある飲食店のほとんどがクローズしています。

La Vache!

週末に家族で尖沙咀にあるステーキハウスのLa Vache!に行ってきました。

外ではいつも生ビールを飲みますが、アルコールは飲めないと聞いていたので今回は炭酸水を頼みました。

周りは香港人グループだったため、ソフトドリンクを飲んでいる人がほとんどでした。

でもたまにスパークリングワインなどを飲んでいる人もいたので、飲んでも良いのだろうかと気になっていました。

レストランで飲む分には問題ない?

そのあと聞いたところによると、バーでアルコールを飲むのはダメですが、レストランで食事しながらアルコールを飲むこと自体はできることが分かりました。

どうもお店の登録がバーなのかレストランなのかで変わるらしいのです。

不特定多数の人が行き交うバーは感染の危険性が伴いますが、レストランで1.5メートルルールを守って食事しながら飲む分には問題ないようです。

でもルールはどんどん変わるので、感染がより広かったらレストランでもダメになる可能性があります。

まだ油断はできないですね。

※その後バーの規制は5月7日まで延長しました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告