和歌山県串本町の大島でトルコとの友好関係を実感したり、日本最古の石造りの灯台に上ったりした

和歌山県串本町の大島でトルコとの友好関係を実感したり、日本最古の石造りの灯台に上ったりした

那智勝浦

帰省で和歌山に滞在したのですが、滞在中に那智勝浦方面に旅行しました。


今まで白浜に行ったことはありましたが、那智勝浦ははじめてです。

串本町の大島

途中で本州最南端にある串本町の「大島」に立ち寄りました。

大島は串本と橋でつながった小さな島です。

トルコ記念館

大島にはトルコにゆかりのある施設が幾つもあります。

その代表的なものがトルコ記念館です。

明治23年にトルコ軍艦のエルトゥールル号が遭難した際に、地元住民の救難活動によって69名の命が救われました。

現在でもその友好関係が続いています。

トルコ軍艦遭難慰霊碑

遭難の翌年の明治24年に和歌山県知事などによって慰霊碑が建てられました。

現在の慰霊碑は、昭和12年(1937年)に新たに建てられたものです。

ムスタファ・ケマル・アタテュルク騎馬像

この馬に乗った像は、トルコの英雄でもあるムスタファ・ケマル・アタテュルク初代大統領のものです。

日本とトルコの友好の礎を築いたことで、遭難120年の年に駐日トルコ大使館より寄贈されたものです。

樫野崎灯台

そして道の突き当たりにあるのが、日本最古の石造りの灯台である樫野崎灯台です。

灯台の上から観た太平洋。水平線のずっと向こうまで見えました。

橋杭岩

ここから更に車に乗って橋杭岩(はしぐいいわ)に立ち寄りました。

橋杭岩はその名前の通り、橋の杭のような形をしています。

この岩には弘法大師天邪鬼が一晩で橋をかける賭けをしたという伝説が残っているそうです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告