マカオのラザロ地区にある隠れ家的レストランに行ってきたー アルベルゲ1601 /Albergue 1601

マカオのラザロ地区にある隠れ家的レストランに行ってきたー アルベルゲ1601 /Albergue 1601

ラザロ地区をお散歩

マカオにあるラザロ地区(São Lázaro)をお散歩してきました。


当日はマカオの祝日でした。

街の中心街のお店は開いていたものの、少し街を外れると、お休みしているお店も多い。

ランチをどこで食べようかと悩んでいましたが、とても素敵なお店を見つけました。

アルベルゲ1601

ラザロ教会のすぐ側に婆仔屋と呼ばれる建物があります。

100年以上の歴史のあるこの建物は、かつてはマカオにいた高齢の独身女性のための老人ホームでした。

現在は主に展示スペースとして使われていますが、この婆仔屋の中にアルベルゲ1601(婆仔屋1601- Albergue 1601)と呼ばれる隠れ家のようなレストランがあります。

入り口にあるワインがずらっと並んだ装飾が目を引きます。

レジの横にはポルトガルルースターの置物が並べられていて、とても可愛いです。

レストランは2階建てです。

かつての老人ホームだったため、レストランの中が小さな部屋に仕切られています。

シーフード

今回はひとりでの利用だったので、お店の人にひとりで食べられる量のシーフードをリクエストしました。

パンと一緒に添えられているのが、オリーブのペースト+オリーブオイルです。

このペーストがとても美味しい。パンとペーストだけでワインが飲めます。

といいつつも、当日は昼間なのでワインでなくて炭酸水で我慢。

この炭酸水もポルトガルから輸入したものでした。

1皿目はガーリックシュリンプ。

2皿目はアサリ!

そして最後にSerraduraと呼ばれる、クッキー生地とアイスクリームの層が重なったデザートを食べました。

次回は誰かと行きたい

偶然見つけたお店ですが、本当に美味しかったです。

この店はとても人気があるらしく、通常は昼間でも予約が必要なんだそうです。

香港からかけられる電話番号もあったので、次回は誰かを誘ってこの店に行きたいなと思っています。

【公式サイト】

HOME | albergue1601

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告