リードフォーアクションの研修で、「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」について学んだ~潜在能力でビジネスが加速する / ポール・シーリィ(著)

リードフォーアクションの研修で、「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」について学んだ~潜在能力でビジネスが加速する / ポール・シーリィ(著)

リードフォーアクション

所属しているリードフォーアクションのリーディングファシリテーターのアップデート研修に参加しました。

私は普段香港に住んでいるので、オンラインでの参加です。


潜在能力でビジネスが加速する

今回の課題本は、フォトリーディングの開発者ポール・シーリィー氏の書いた「潜在能力でビジネスが加速する」でした。

実はこの本は3年前の読書会で読んでいて、付箋まで残っていました。

でも内容はほとんど忘れていたので(笑)、新しい本を読む気持ちで取り組めました。

ナチュラル・ブリリアンス・モデル

書籍のテーマは、ナチュラル・ブリリアンス・モデルです。

ナチュラル・ブリリアンス・モデルは、4つのステップによって成り立っていて、この4つのステップを繰り返すことで能力開発をしていくことを目標にしています。

  • ステップ1 解放 呼吸でリラクゼーション
  • ステップ2 感知 視覚・聴覚・気持ち・直感のオンライン化
  • ステップ3 反応 継続的改善
  • ステップ4 確認 自分と他人・過去と未来を見る視点

マインドマップ®️

内容はマインドマップ®︎でノートを取りました。

マインドマップだと、あとで見直して面白いのがいいです。

視覚だけに頼らずに、五感を使って学ぶことが大切

今回研修に参加してなるほどと思ったのが、五感を使って学ぶことが大切だということです。

研修の中に「読字障害」の話がでてきました。

読字障害は学習障害のひとつで、文字の読み書きや文章を読むのに困難を極める人のこと。日本でも「ディスレクシア」という言葉が少しずつ一般的にはなってきています。

実は私自身、軽い読書障害かもしれないと思ったことがあります。

今はフォトリーディングの手法で本を読めるようになりましたが、子供の頃は文字情報を理解するのが人より遅くて、本をほとんど読めなかったからです。

「耳から読書」もおすすめ

またそれに合わせて最近注目しているのが、聴覚の活用です。

私は時々Air PodsでKindleの本を音声で聴いています。

Kindleは、Kindle端末を利用することもあるし、スマートフォンのアプリを利用することもあります。

コンピューターの音声なので、ちょっと違和感はあるのですが、しばらくすると意外と慣れます。

本を長時間読むと目が疲れるため聴くことを始めたのがきっかけなのですが、人よりも聴覚が強いタイプなのか、文字で読むよりは理解が定着するような気がします。

本を読むのが面倒なら、本を耳で聞くのもおすすめです。

フォトリーディング耳から読書も、従来の本の最初から普通に読む読書とは違いますが、大切なのは本を読んだことを実生活で活かすことなので、方法はなんでもありなのです。

潜在能力でビジネスが加速する――才能を自然に引き出す4ステップ・モデル
ポール・R・シーリィ
フォレスト出版 (2016-02-20)
売り上げランキング: 167,801
The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告