iPhone Xs Maxを2日使った感想が「pomeraQRとSLPRO Xの文字が大きくなって見やすくて嬉しいな」という中高年的なものになってしまった

iPhone Xs Maxを2日使った感想が「pomeraQRとSLPRO Xの文字が大きくなって見やすくて嬉しいな」という中高年的なものになってしまった

iPhone Xs Max

使っているスマートフォンがiPhone Xs Maxに変わりました。


中古のiPhoneを子どもに渡す関係で急遽夫に買ってもらったものなのですが、実際に買うまでiPhone Xsが発売されていた認識も無いくらいのレベル。

週末やっとのことで機種変更手続きを終えて、2日間使ってみました。

大きさはほぼ同じ

今まで使っていたのが、iPhone 7 Plusだったので、大きさはほぼ同じです。

ホームボタンが無い

新しいiPhoneはホームボタンが無くて、まだ操作には慣れていません。

画面下をスワイプしたら良いそうですが、まだ慣れません。

Face IDがなかなか反応しない

またFace IDで顔認証でロックが解除できるようになりました。

でもこの機能がまだうまく反応ないことが多くて、結局パスコードで開けています。

子どもが勝手に「ミー文字」で遊んでた

iPhone Xから、自分で作った顔に合わせて顔が動く「ミー文字」という機能が追加になったそうです。

子ども達が何故かこの機能を知っていて、勝手に作って遊んでいました。

pomeraQRとSLPRO Xの文字が大きくなって見やすいのが嬉しい

今回iPhone Xs Maxにして良かったと思ったのは、文字の大きさです。

今までより画面が大きくなったので、全体的に文字も大きくなりました。

この中でも、特に毎日使っているアプリのpomeraQRSLPRO Xの文字が大きくなったのが嬉しい。

ちなみにpomeraQRはpomeraで入力した文字をスマホに転送するためのアプリで、SLPRO Xはブログを投稿するためのアプリです。

まぁこれは昔の新聞の文字が大きくて見やすくなったと喜ぶ中高年と全く同じコメントですが。

カメラとかまだ使えていない

まだ使い始めたばかりで使いこなしはできていませんが、慣れてくるとホームボタンのあるスマートフォンが面倒になってくるのかも。

カメラ機能も向上しているようですが、これを使うのもこれからです。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off