100年以上の歴史がある果物専門市場の油麻地果欄で、スーパーの半額で日本のイチゴが買えた

100年以上の歴史がある果物専門市場の油麻地果欄で、スーパーの半額で日本のイチゴが買えた

旧正月を過ぎると日本のイチゴの季節が来る

毎年旧正月が過ぎると春が来たと感じます。

それと同時に「日本のイチゴ」の季節が始まります。

油麻地果欄

油麻地にある果物専門のマーケット油麻地果欄(Yau Ma Tei Wholesale Fruit Market)では,この季節に日本のイチゴが多く並びます。

油麻地果欄は1913年に営業を開始したので、100年以上の歴史があります。

今回は閉店ぎりぎりの夜7時に到着しましたが、イチゴはまだ残っていました。

福岡のあまおうのパックが2つで80ドル(約1100円)です。

スーパーだと2倍の値段になる

この同じイチゴは、スーパーで買うと値段が2倍にあがります。

家の近所のスーパーでは158ドル(約2200円)でした。

これだけ値段が違うとスーパーでは買えませんね。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :