100年以上の歴史がある果物専門市場の油麻地果欄で、スーパーの半額で日本のイチゴが買えた

100年以上の歴史がある果物専門市場の油麻地果欄で、スーパーの半額で日本のイチゴが買えた

旧正月を過ぎると日本のイチゴの季節が来る

毎年旧正月が過ぎると春が来たと感じます。

それと同時に「日本のイチゴ」の季節が始まります。

油麻地果欄

油麻地にある果物専門のマーケット油麻地果欄(Yau Ma Tei Wholesale Fruit Market)では,この季節に日本のイチゴが多く並びます。

油麻地果欄は1913年に営業を開始したので、100年以上の歴史があります。

今回は閉店ぎりぎりの夜7時に到着しましたが、イチゴはまだ残っていました。

福岡のあまおうのパックが2つで80ドル(約1100円)です。

スーパーだと2倍の値段になる

この同じイチゴは、スーパーで買うと値段が2倍にあがります。

家の近所のスーパーでは158ドル(約2200円)でした。

これだけ値段が違うとスーパーでは買えませんね。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :