香港航空(Hong Kong Airlines)のベジタリアンミールが意外に良かった〜子連れでハノイ旅行(1)

香港航空(Hong Kong Airlines)のベジタリアンミールが意外に良かった〜子連れでハノイ旅行(1)

ベトナム旅行

家族でベトナムに旅行に行って来ました。

香港〜ハノイ間のフライトは香港航空(Hong Kong Airlines)を利用しました。


香港航空は限りなくLCCに近い安い値段ですが、一応通常の航空会社なので、荷物は一人20㎏預けられるし機内食もあります。

子供がもっと小さい時は日系のサービスの良い航空会社を利用していましたか、最近は気にしなくて良くなったのがありがたいです。

子供たちは各自のモニターでの機内エンターテイメントが無い代わりに、Kindleでダウンロードしておいたビデオを観たりして過ごしていました。

特別機内食を頼んだ

今回は予約の時に特別機内食を頼んでいました。

子供たちはチャイルドミールで、私がベジタリアンミールです。

特別機内食は先に出てくる

特別食は大体機内食の最初に出てきます。

周りがまだ食べていないのに一人だけ食べ物があるという居心地の悪さはあるものの、いつ機内食が来るかということを考えなくても良いメリットがあります。

行きはサンドイッチ

行きの飛行機はシンプルな野菜のサンドイッチでした。

帰りは豆のペーストがのったご飯

帰りは豆のペーストがのったご飯でした。

この豆は、ちょうどメキシコ料理に出てくるフリホーレス(Frijoles)みたい

人に寄って好き嫌いの出てくる味ですが、私はこの味がそんなに嫌いではありません。

通常食はこの豆の部分が肉の炒めたもので、あとは同じでした。

機内食の肉が苦手

私は機内食の肉があまり好きではありません。

ビジネスクラスとかファーストクラスは別にして、エコノミークラスの四角い容器に入った熱々の肉の臭いがちょっと苦手なのです。

別にベジタリアンでも無いのですが、最近は極力ベジタリアンメニューを頼むようにしています。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off