中南廣場&油麻地でいろんな色のフリクションボールを買った~今年は逆算手帳の年

中南廣場&油麻地でいろんな色のフリクションボールを買った~今年は逆算手帳の年

逆算手帳

逆算手帳を何とか使えるようになりたいと思っています。

本来であれば昨年の末に済ませたかったのですが、出来ずにずるずると今まで放置していました。

いろんな色のフリクションボールを買ってみた

今は手帳には消せるボールペン「フリクションボール」の黒を使っています。

でも黒だけで書くとちょっと気持ちが盛り上がりません。

カラーのペンはゲルインキはありますが書き直しが自由に出来ないので、いろんな色のフリクションボールを買うことにしました。

香港では日本の2倍の値段する

香港でもパイロットのフリクションボールが一般的に売られていますが、値段は日本より割高です。

一般的に通常の定価180円のペンが25香港ドル(約350円)なので、大体2倍くらいの値段がします。

中南廣場

パイロット香港のサイトにフリクションボールが売られている文具店のリストが載っていました。

もちろんこれ以外の店でも売られているのですが、ここには比較的大きめの文具店が掲載されているようです。

今回はこのリストの中にもある油麻地にある中南廣場に行きました。

中南廣場は5フロアもある大型文具店です。

赤黒青以外の0.5mmを買った

お店のG階(日本の1階)が筆記具の売り場です。

フリクションボールもレジの近くに並んでいました。

ラッキーだったのが、割引になっていて通常の25ドルが20ドル(約280円)だったこと。

赤黒青は3色セットのペンに入っているので、それ以外の色を買うことにしました。(ピンクの0.5mmは在庫が無かったので少し太めの0.7mmにしました。)

楽しくなってきました

今まで文字は黒1色でしたが、いろんな色のペンを使って書くと気持ちもなんだ楽しそうです。

何より楽しいのが一番です。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off