子連れでアンコール・ワット〜(4)子供と象に乗りました  アンコール・ワット/ アンコール・トム / タ・プローム / プノン・バケン

子連れでアンコール・ワット〜(4)子供と象に乗りました 
アンコール・ワット/ アンコール・トム / タ・プローム / プノン・バケン

アンコール遺跡群の遺跡めぐり

初日と2日目でアンコール遺跡群の中の特に有名な遺跡を回りました。

アンコール・ワットは数多い遺跡の1つに過ぎません。

実際にはこれ以外に60以上あり、その全体をアンコール遺跡群と呼んでいます。

アンコール・ワット

1番有名なのがこのアンコール・ワットです。

回廊の中はこのようになっています。

回廊の外側

レリーフもとても綺麗です。

アンコール・ワットの中央祠堂には子供は入れません。

そのため子連れの場合は、両親が交互に行くようにする必要があります。

また、ここは特に神聖なところなので、露出の大きなノースリーブや短いパンツを履いた大人も入れないので、注意が必要です。

アンコール・トム

アンコール・トムというのは、「大きな町」という意味で、遺跡の名前ではありません。

こちらで一番有名なのが、バイヨンという寺院です。

この観世音菩薩の四面塔がとてもインパクトがあります。

その他にも幾つか有名な遺跡があります。

この中のパプーオンという寺院の中には残念ながら子供は入れません。

タ・プローム

神秘的な雰囲気で人気のこの寺院。

元々仏教寺院だったものがヒンドゥー教寺院に変わったものです。

所々崩壊したままで苔が生えていたり、建物の上に木が覆いかぶさるように生えていたりしています。

大人にはとても面白い場所です。

でもこの辺りから下の子供がぐずりだしたので、子供にはちょっと退屈かもしれません。

象に乗れます

アンコール・トムでは午前中、そしてプノン・バケンでは午後に象に乗れます。

私たちは午後にプノン・バケンで象に乗りました。

ここらかは遠くにアンコール・ワットが見下ろせます。

ここは、夕日を見る人で夕方にかなり混み合うので、その前に行きました。

乗ったのはこの象です。

子供たちは高いところからの景色に大満足です。

あと、象が坂道を曲がるタイミングで大きなウンチを道に落としたので、それにも大興奮していました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告