Tシャツの英語が変な意味だったのを、娘たちに指摘されて恥ずかしくなった

Tシャツの英語が変な意味だったのを、娘たちに指摘されて恥ずかしくなった

変な英語が書かれたTシャツ

海外旅行に行った時など、外国人が日本語が書かれているTシャツを着ていて、その日本語がちょっと変だったり、間違っていたりすることがあります。


そして、「あの人日本語知らないから着られるんだよな」と、ちょっと小馬鹿にしてしまったりします。

今回はこれと反対のこと、つまり「変な英語が書かれたTシャツ」を着ていたことが判明して、恥ずかしい思いをした」ことを紹介します。

Tシャツの英語

これが問題の商品。

DIESELのTシャツです。

10年以上前の自分が痩せていた時に着ていたもので、サイズが合わなくなったから娘にあげようと思ってだしたもの。

正面は何てことありません。

後ろは、このようにバックプリントで英語が書かれています。

これを見て、帰国子女の2人の娘たちが、笑い出しました。

ママ-、これ 英語の意味知らないで着てたでしょ! 」

と 上から目線で指摘。

そして

horny ってね、『性欲』の意味なんだよ。

と教えてくれたのです。

正直なところ、Tシャツがどうかよりも、自分の娘の口から「性欲」なんてダイレクトなワードがでてきたこと自体に衝撃を受けました。

後で自分で調べたところ、確かにバックプリントの英語が「夜明けに”ムラムラ”する」といった意味であることが分かりました。

海外で着てなくて良かった

幸い、このTシャツを着ていた時代はまだ香港に住む前の日本で、このTシャツを見て寄ってくる不埒な殿方はいませんでした(苦笑)。

でも今考えると、海外で着ていたらかなり恥ずかしかっただろうなぁと思うのです。

ロゴ以外の英語が書かれたTシャツは要注意ですね。

The following two tabs change content below.

まるこ

2011年~2020年8月まで香港在住。 現在は千葉県在住。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加すること。 上級心理カウンセラー Read For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。 家族・・・夫・長女(中2)・次女(小5)

広告