ビリーフリセットで、自分を押さえつけていたビリーフを解放することにした

ビリーフリセットで、自分を押さえつけていたビリーフを解放することにした

ビリーフリセットの個人セッション

日本に一時帰国した時に、カウンセラーの大塚あやこさんの「ビリーフリセット」の個人セッションを受けました。


ビリーフリセットは、自分を思考や行動を縛り付けているネガティブな思い込み(ビリーフ)を表に出して、そのビリーフを新たな言葉に言い換えることによって、癒やしやパワーを得るカウンセリングです。

今回受けたきっかけは、2019年5月末に参加した岡部明美・大塚彩子・立花岳志 湘南3daysワークショップです。

この時にビリーフについて学んで、さらにまな板と呼ばれるセッションを受けて多くの気づきがありました。

カウンセラーの勉強をはじめた

その後心の勉強をしたくなり、通信教育でカウンセラーの勉強を始めました。

9月の行動心理士の勉強が終わり、今はメンタル心理カウンセラーの勉強をしています。

そのテキストの中で「カウンセラーは自分の問題を解決させないといけない」と書かれてありました。

私の問題はまだ解決されていないので、何とかしないといけないのではないか。

かなり悩みましたが、このままでは八方塞がりになってしまうだけなので、思い切ってもう一度ビリーフリセットのコンサルティングを受けることにしました。

自分のビリーフに気づいた

今回の個人セッションの結果、このようなビリーフに気付きました。

  • 自己否定感が強い・・・自己の存在を否定していた
  • 女性性の否定・・女性である自分を否定していた
  • 本当は人前に出たかった・・・実際の私は目立ちたがりで人前に出たいのに、自分を隠し続けていた

その中で意外だったのが自分が人前に出たいと思っていたこと。

華やかな世界へのあこがれは以前陰陽五行のカウンセリングでも言われたのですが、まさかビリーブリセットで指摘されるとは思っていませんでした。

自分を隠すことに無駄な力を使わないようにしよう

今までは本来の自分を隠すことにずっとエネルギーを無駄に費やしてしまったので、少しずつ奥底にしまっていた本来の自分を出していくことを意識してみよう。

そして女性性を極端に否定するのはやめよう。

ビリーフリセットを通して、少しずつだけど自分を変えられるのではないかと信じています。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告