「ぐでたま」が香港の漢方の世界にも進出していました – HUNG FOOK TONG/鴻福堂 の亀ゼリー

「ぐでたま」が香港の漢方の世界にも進出していました – HUNG FOOK TONG/鴻福堂 の亀ゼリー

2016年の香港はぐでたまが大ブームです

以前、香港でぐでたまがブームと書きました。

香港では”ぐでたま”が大ブームです | まるこの香港生活

幾つかのお店のキャンペーンはすでに終わってしまいましたが、新たにあの漢方のお店でのキャンペーンが始まりました。

HUNG FOOK TONG(鴻福堂 )は漢方のコンビニ

今回ご紹介するHUNG FOOK TONG( 鴻福堂 )は漢方の入ったスープや飲み物などを販売しているお店です。

駅の構内など便利なところにお店があり、気軽に立ち寄れることができます。

中身は亀ゼリー

こちらのウィダーインゼリーと同じような入れ物に入っているもの。

中身は亀ゼリーです。

亀ゼリーとは亀の甲羅のエキスの入った漢方のゼリーです。

暑いときに身体をクールダウンさせたり、便秘やデトックスの効果があります。

ぐでたまなのに子供向けじゃない!

今回2種類購入しましたが、その時にお店の人が言った言葉にビックリしました。

なんとこのぐでたまパッケージの亀ゼリーは大人用の物で、子供には向かないとのことなのです。

もう1つの商品は、苦味を抑えて甘みを強くした子供用に飲みやすいタイプのものです。

てっきり日本の感覚だとキャラクター商品は子供のためなのですが、こちらでは違うんですね。

シールを集めてもただではもらえないらしい

シールを集めるとこのような景品がもらえます。

でもシールを貼るシートを良く見てみると、幾らかお金を払わないといけないそうです。

お金を払っても欲しいかどうかは子供に聞いてみます。

最後に

お店のカタログが置いてあったので持って帰って読んでみました。

風邪の症状別にこれが良いと紹介してあるページがすごく参考になりました。

私はこのリストの一番左の風寒感冒に良くなるので、次回は風寒感冒茶を試してみようと思います。

関連記事はこちら

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住9年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告