まずは香港スタジアム横にある競馬場の大災害の慰霊碑を訪れた〜馬場先難友紀念碑(Race Course Fire Memorial)〜香港歴史散歩@跑馬地(1)

まずは香港スタジアム横にある競馬場の大災害の慰霊碑を訪れた〜馬場先難友紀念碑(Race Course Fire Memorial)〜香港歴史散歩@跑馬地(1)

香港歴史散歩

20年以上香港に住んでいるYさんが、時々歴史のある場所を巡るお散歩を企画してくれます。

自分では分からないディープなことを知ることができるのでとても気に入っています。


今回は香港島のハッピーバレーにあるお墓を巡るお散歩に行ってきました。

盛りだくさんな内容だったので、3回に分けてこのお散歩について振り返ってみました。

香港スタジアム方面に向かう

銅鑼灣のタイムズスクエアに大人6人、子供2人の合計8人が集合しました。

時折小雨がちらつくなか、香港スタジアム方面に向かいました。

保良局主樓

スタジアムに行く途中に見えるレトロな建物は、保良局主樓(Po Leung Kuk,Main Building)です。

保良局(Po Leung Kuk)は1895年に設立された香港の慈善団体です。

また行ったことはありませんが博物館があるそうです。またこのメインビルの敷地内には孤児院も併設されています。

孔聖堂中學

スタジアムの近くの高台に大きな建物が見えました。孔聖堂中學(Confucius Hall Secondary School)と呼ばれる学校です。

と頭に付いている通り孔子の思想(儒教)をベースにしているため、キャンパス内には孔子の像があるそうです。

香港スタジアム

香港スタジアムに到着しました。

このスタジアムで開催されるイベントで一番有名なのが、毎年4月上旬頃に行われる7人制ラグビーの国際試合の「香港セブンズ」です。2019年は4月5日(祝)〜4月7日(日)に開催されます。

チケットは3日間で3万円近くととかなり高額ですが、毎年香港だけでなく世界中から多くの人が観戦に訪れます。

特に奇抜なコスチュームに身を包んで観戦する人が多いので、試合に行かない人でも街を歩くコスチュームの集団で試合があることを知ったりします。

この日のスタジアムはイベントも無くとても静かでした。

階段を上る

この香港スタジアムの左側に1つ目の目的地の入り口があります。

今まで何度も香港スタジアムに行っていましたが、こんな階段があることは全く知りませんでした。

ここから階段を上ります。

1つ目の目的地である馬場先難友紀念碑(Race Course Fire Memorial)に到着しました。

馬場先難友紀念碑

1918年2月26日にハッピーバレーの競馬場で大火災が発生して、600人もの死者をだす大災害となりました。

火災は厨房で起きたのですが、当時は建物などは木製だったため、あっという間に燃え広がったそうです。

馬場先難友紀念碑はこの災害による死者の慰霊碑として、1922年に東華三院によって建てられました。

香港の法定古蹟として登録されています。

珈琲園

この近辺は珈琲園と呼ばれています。

その名前はこの山で珈琲豆の栽培が行われたところから来ています。

実際はうまく作ることができなかったそうなのですが、その名前だけ残っています。

香港スタジアムを見下ろした

慰霊碑のある高台から香港スタジアムを見下ろしました。

あと10日ほどでこの場所は熱狂的な歓声で包まれます。

【今回歩いたコース】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

CATEGORY :