Page 89

子連れでアンコール・ワット〜(11)2年前に宿泊したPavilion d’Orient Boutique Hotelにまた泊まろうと思った理由
今回宿泊したホテルは2回目 今回宿泊したPavilion d’Orient Boutique Hotelですが、2年前にも宿泊しています。 その時には、高級ホテルであるヴィクトリアホテルに数泊した後、こちらのホテルに泊まりました。 元々は全くこのホテルに期待していませんでした。 理由としては、1泊当たりの料...
子連れでアンコール・ワット〜(10)乗っていたトゥクトゥクが動かなくなるトラブルが発生しました
子供たちはトゥクトゥクが大好き 子供たちはトゥクトゥクが大好きです。 2年前の滞在の時は、下の子供が落ちないように親が支えていましたが、今回はその必要も無くなくなりました。 子供たちはずっと前の席に座って景色を見ていました。
子連れでアンコール・ワット〜(9)シェムリアップで子供が気に入ったレストラン / モロッポーカフェとブルーパンプキン
子連れだと食事が難しい 子連れでの旅行で大変なのが「食事」です。 大人はなるべく地元のローカルフードを食べたいものです。 でも子供からしたらそのような食べ物より、いつもの日本食やピザといった洋食を食べたいものです。
子連れでアンコール・ワット〜(5)プノン・クーレンの滝の下で水遊び
近郊にも遺跡があります アンコール遺跡群には、郊外にも幾つかの有名な遺跡があります。 その中で、今回はプノン・クーレンという遺跡に行きました。 ここはシェムリアップから車で1時間半くらいのところにあります。
子連れでアンコール・ワット〜(4)子供と象に乗りました 
アンコール・ワット/ アンコール・トム / タ・プローム / プノン・バケン
アンコール遺跡群の遺跡めぐり 初日と2日目でアンコール遺跡群の中の特に有名な遺跡を回りました。 アンコール・ワットは数多い遺跡の1つに過ぎません。 実際にはこれ以外に60以上あり、その全体をアンコール遺跡群と呼んでいます。
子連れでアンコール・ワット〜(3)子供と遺跡めぐりをする時に必要な8つのポイント
子供を連れて遺跡見学 子供を連れてアンコール遺跡に来ています。 子連れだと大人だけのようにはいきません。 そこで子供が遺跡を見学をする際に必要だなと思うことについてまとめてみました。
子連れでアンコール・ワット〜(2)シェムリアップの医療事情について調べてみました
慣れない海外で病気になったらどうしよう 慣れない海外での滞在。 気になるのが、現地で病気にになったらどうしようということです。 特に子供の体調が急変したら親としてはパニックを起こしてしまうと思います。 もちろん家から常備薬を持参するのも大切です。 万が一シェムリアップで体調を崩してしまったらどう対応すれば良いか調べてみ...