香港生活( 41 )

Category
香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(6)簡体字で書かれた標語の看板が難しくて分からなかった
簡体字で書かれた標語 兵舎近辺はイギリスの名残があり、一瞬ここは中国では無いのではないかと勘違いしそうなのですが、ここはれっきとした中国です。 それが一番良く分かるのが簡体字で書かれた看板です。
香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(4)軍用車両や銃よりもシャワーやキッチンが付いている車の方が気になりました
基地と言えば軍用車両と銃? 軍と言えば軍用車両と銃です。 こういったものを展示すると喜ぶ人も多いのでは無いでしょうか?中国側もこのような展示することで香港に対して軍事力を示したいということもあるでしょう。私は全くこういったことが分からないので、「ふーん」といった反応しか出来なかったのですが(笑)、せっかく何枚か写真を撮...
香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(2)粉嶺までUSB完備の快適な空港バスに乗った
基地近くまで空港バスで行った 中国人民解放軍の基地である「新圍軍營」。 この基地のある粉嶺は香港の北側の中国との国境付近にある街です。 私の住むランタオ島から粉嶺に行く際、通常だと地下鉄で行くのですが、このルートの難点は乗り換えが多いことです。その代わりに空港発のバスを使用したところ、びっくりする位快適でした。
香港にある中国人民解放軍の基地「新圍軍營」を見学~(1)空母「遼寧」に乗りたくて中国人民解放軍駐香港部隊ビル前で4時間並んだのに、もらったチケットは違っていた
香港は防衛を中国に依存しています 一国二制度の香港において、最近は「独立」という意見が出てくる事もあります。この意見が現実的ない理由のひとつとして「防衛」があげられます。 香港には自分たちの対外的な自衛組織がありません。 防衛はイギリスからの返還から一環して中国の人民解放軍が担っています。
3度目のチャレンジ!?香港に停泊している中国の空母「遼寧」見納め
中国の空母「遼寧」 中国の空母「遼寧」が香港の青衣沖に7日から11日まで香港に停泊することになっています。 そのうち8日と9日に一般公開されて、合計3,600人の市民が乗ることが出来ましたが、私には残念ながらそのチャンスはありませんでした。